初!顔見世
3日に、初めて南座の顔見世に行ってきました。
顔見世1
まねきも初めて見れて感動!

去年はチケットが取れなくて断念。今年やっと、一番後ろの席ですが取れました。
急勾配でちょっと怖いんですが、新しい緞帳がキレイに見えます!
顔見世3
舞台もちゃんと見れたよ。

演目は、「寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)」「お江戸みやげ」「隅田川」「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」の4つ。

まず最初の「寿曽我対面」は、年に何度も上演されることもある有名な演目(今年の10月にも名古屋で上演されました)なんですが、私は初めて見ました。
10月に見た「矢の根」と同じく曽我兄弟のお話で、これもお正月や顔見世などのめでたい時期にふさわしい演目。
古い歌舞伎独特の華やかで美しい舞台に、人情も少し絡めた物語で、とても分かりやすく展開されます。
配役は我當さんの工藤祐経、孝太郎さんの曽我十郎、愛之助さんの曽我五郎などなど、上方の俳優総出演で豪華な顔ぶれでした。
孝太郎さんは仁左衛門さんに少し似てきたし、進之介さんも我當さんに似てきましたね。
10月に見た壱太郎さんも化粧坂少将(けわいざかのしょうしょう)という傾城の役で出ていました。
この人は「本当に男の子なんだろうか」と思うほど可愛くて綺麗ですね。

つづいて、「お江戸みやげ」。
これ、ホントに良かった!今回の顔見世で一番好きな演目です。
結城紬の行商のために江戸へ出てきた、お辻(三津五郎さん)・おゆう(翫雀さん)という、ともに夫に先立たれたオバチャン二人が、茶屋の女将にすすめられて、美しい歌舞伎役者・栄紫(愛之助さん)の舞台を見る…というところから始まる人情喜劇なんですが、お辻の倹約ぶり(友達が旅行中に収支を合わせていたのを思い出した(笑))と、よく食べよく飲み人生を楽しむおゆう(これは私か?(笑)小心者なんで、あんなに気が大きくはないけど)が対照的で、二人の絶妙の掛け合いがナイス!
でも、倹約ばかりのお辻が栄紫に惚れ、彼と恋人のお紺が強欲な養母の計画により結婚できなくて悩んでいるのを、有り金全部はたいて助けるところはジーンときました。
めずらしい三津五郎さんの女形ですが、お紺に突き飛ばされたりする時の表情がなかなかにオバチャンらしかったです。
そして、中年をすぎて初めて恋を知ったお辻の純粋な心を表すのが上手かったです。
翫雀さんのおゆうは、大らかな中にも田舎の女性の素朴さがにじみ出ていて可愛らしかったです。
愛之助さんの栄紫、これがまあ、水もしたたるいい男!
舞台で演じる場面はないんですが、劇中劇でやってもいいなーと思いました(愛之助さんは、若い頃は女形もされていたので、「櫓のお七」もきっとお似合いでしょう)。
栄紫の屋号は大和屋なんですが、三津五郎さんの屋号も大和屋。
お辻が舞台で「大和屋!」と叫び、客席は三津五郎さんに「大和屋!」と叫ぶという、なかなか面白いことになっていました(笑)。
お紺を演じた梅枝さん、清楚な中にも常盤津の若師匠らしい粋さが漂っていました。
壱太郎さんといい、梅枝さんといい、若い女形さんの成長ぶりには目を瞠るものがありますね。ますます美しく、演技も上達されていると思います。
梅枝さんの弟・萬太郎さんは角兵衛獅子の若者をさわやかに、人情豊かに演じて、こちらもなかなかの成長ぶりでした。
途中で、酒好きの女形・紋吉(吉弥さん)が茶屋にお酒をねだりに行って、そこに居合わせたお辻とおゆうが「あれが男なのかい?!きれいだねえ」と驚くシーンがありますが、美しい吉弥さんにぴったりでした!

「隅田川」は能の演目を歌舞伎に取り入れてできた舞踊で、藤十郎さんが子を亡くした母を演じます。
格調の高い演目で、少し難しいところもありますが、子の幻を見て、それが幻だったと気づいたときの母の嘆きが印象的でした。
舟長を演じた翫雀さんはここでも表現が上手くて感動しました。

「与話情浮名横櫛」は、ご存知「斬られ与三郎」。
仁左衛門さんの美男ぶりが際立つ演目でした。
最初の「見染」の場面、まだ放蕩者の若旦那だった与三郎(この放蕩にも実は理由があるのですが…)の、ほわーんとした可愛さに上方役者らしさを感じました。
仁左衛門さんはただ美男というだけでなく、見ているこちらも思わず微笑んでしまうような愛嬌が魅力的ですね。
その後、有名な「源氏店」では、凄みのある美しさ。
声に張りがあり、若々しさを感じました(仁左衛門さん、11歳の孫がいるとはとても思えません!)。
時蔵さんは、なんとも色気のあるお富さん。「伊勢音頭」の油屋お紺も好きだったけど、お富さんもなかなかいいな。
与三郎の仲間・蝙蝠安はなんと菊五郎さん!
さすが、菊五郎さんは何をやっても華がありますね。
古い着物をだらしなく着ていても、パアッと光るものがあります。
この前、勘三郎さんにもそれを感じたのですが、六代目菊五郎の芸を継承した方の特徴なんでしょうか。
お富を妾という形で引き取っていた多左衛門が実はお富の兄だと分かるシーン、「3年も黙ってないで早よ言えよ!」とツッコミたくなりますが(笑)、それを言ったらお話としての感動がないんで、これでいいんでしょうね。

顔見世はいつもの公演よりちょっと割高なんですが、独特の華やかさ、観客の心の弾みが感じられ、その雰囲気の分を多めに払っているようなものなので、見に行って損はなかったなぁと思います。
来年もチケットが取れたら見に行きたいな。

おまけ:チケット引き換え機のそばに、爽快な七五調の「口上」がありました。
顔見世2
これも顔見世独自のものだと思います。
スポンサーサイト