奉納舞
このところ、芝居関連の話ばかりになってますが、日曜日に八坂神社で「秀山祭三月大歌舞伎」の成功祈願と吉右衛門さん・又五郎さん・歌昇さんの「三番叟」の奉納舞があったので行ってきました。
前日に「ボニー&クライド」を見てきたし、寒いしで、直前まで行くかどうか迷ってたんですが、行ってよかった!
初詣かと思うくらい人がいっぱいいたんですが、早めに行って待っていたので、5~6列目くらいの真正面で舞が見れました。
私はだいたいいつも後ろの席でしか見れないので、間近で見るのはほとんど初めて。
歌舞伎の衣装ではなく黒紋付に袴姿での舞だったのですが、三番叟はおごそかで、それでいて華やかで、時々雪が降ってくるような寒さも待ち時間の長さも吹っ飛んでしまうくらい感動しました。
吉右衛門さんはさすがに「大播磨」と呼ばれるにふさわしいオーラがありますが、お年よりも若々しく見えてカッコよかった。
去年から襲名披露興行中の又五郎さんは、三番叟で謡を披露されましたが、ホントにええ声~!しかも、去年、脚に大怪我をされたとは思えないようなみごとな舞でした。
同じく襲名披露興行中の歌昇さんは22歳という若さ。やさしげな雰囲気漂う二枚目ですね。
こういう清々しい若者が神社という清らかな場所で舞うと、こちらも心が洗われるような気がします。  
舞の写真は載せて良いものかどうか分からないので、「歌舞伎美人」の記事(こちら)と、ゲートフラッグというか横断幕を載せておきます。
祝!襲名
だいたいのことは記事に書いてありますが、書いてないところでいうと、後見をされていたのは、又五郎さんの次男で歌昇さんの弟の種之助さん(又五郎さんによく似ているのですぐ分かりました(笑))。まだ18歳、かしこまって座っている姿が初々しかったです。

挨拶では、お若い歌昇さんはさすがに少し緊張気味でしたが、吉右衛門さんが「先ほどは私の髪の毛のような色のものが降っておりましたが…」と言って笑わせてくれたりで楽しかったです。

八坂神社を入ったところに「昭和○年生まれ・前厄 ○年生まれ・本厄」みたいな厄年の表を書いた幕が掲げてあって、それによると私は今年○厄(何厄かは年がばれるので書きません)なんだそうですが、おめでたい三番叟を見たおかげで、年始からいい厄払いになったなーと思っちゃいました(笑)。

三月は、前述のように南座での又五郎さんと歌昇さんの襲名披露興行ですが、七月にも大阪で襲名披露があります。
大阪の七月大歌舞伎といえば、開幕を告げるのは船乗り込み!
こちらも休日なら一度見てみたいなと思っています。
スポンサーサイト