伊勢路散策(2)
2日目は、念願の二見浦散策です。
有名な夫婦岩は、二見興玉神社の海中にあります。
二見興玉神社
こちらの祭神は、昨日訪れた猿田彦神社と同じ猿田彦です。
そして、そのお使いといわれているのがカエルさん。
このカエルの像に水をかけると願いが叶うといわれています。
カエルさん
小さい子達がすごくはしゃいで水をかけていて、お母さんが「行くよ」といっても「嫌!もっとやりたい!!」と言っていました。
私もやってみたのですが、なかなか楽しかったですよ
そして、夫婦岩へ。
夫婦岩
私、夫婦岩というのはもっと陸地から離れていると思っていたんですが、女岩のほうが陸につながっているんですね。
それで注連縄がかけられるのか!と納得したんですが、たとえ陸続きでも、荒波の中にそそり立っている岩にかけるのはかなり大変そう。かけ替えるときの写真も見たのですが、もしかしたら命がけかも…と思うくらいでした。
余談ですが、二見浦の駅は、夫婦岩をモチーフにしています。
二見浦駅
この神社には、こういったものもあります。
天の岩屋
「ええっ!」とびっくりしたのですが、「天の岩屋」「天の岩戸」と呼ばれているところは日本各地にあるそうで、どこが伝説の地なのかははっきりしないそうです。
また、竜宮社もありました。
竜宮社
辰年に竜神様にお参りできるのは本当に縁起のいいことだなと嬉しくなりました。

その後、二見シーパラダイスの下にあるお土産屋さんで色々とお買い物。
こちらはシーパラダイスの入場料を払わなくても入れます。
…それにしても、二見浦というのは、いろんな意味で(笑)時が止まっているかのようなところで、お土産屋さんにも「いつからあるねん」と思われるようなレトロなものが売ってあったり、店のお兄さんがセクハラな褒め言葉(?)を連発してみたり…。いや、もう典型的な「観光地」でした(笑)。

参拝を終えて、今度は旅館街を散策。
今の時期は「おひなさまめぐり」というイベントをやっていて、旅館やお店や民家で、雛人形などを展示しています。
中には、「曲水の宴」を表現した大がかりなものも。
おひなさまめぐり2
観光案内所入り口に掲げられているおひなさまは、色付けしたペットボトルでできています。
おひなさまめぐり1
このあたりは古くて歴史のある旅館が多いのですが、近年は伊勢に来る修学旅行生が少なくなったためか、お土産屋さんも旅館も少しさびれている気がしました(私の泊まった旅館も、従業員が少ないのか、どこか雑然とした感じでちょっと残念)。

お昼は何か伊勢らしいものを食べたいと思って、あるリゾートホテルの1階にある和食屋さんで、今が旬の牡蠣フライをいただきました。
出てきたカキフライを見てびっくり!
カキフライ
ものすごい量!しかも一つずつが大きい!
でも、新鮮な牡蠣を使っていて、めちゃめちゃ美味しかった!
自分が日頃いかに新鮮でない牡蠣を食べているのかが分かってしまうくらいでした(奈良だから仕方ないんだけどね)。
お腹がいっぱいになったけど、何とか完食し、サービスのコーヒーまでゆっくりいただいて大満足でした。

そしてまた伊勢市駅まで戻り、帰宅の途につきました。
もうクタクタで、眠くてしょうがなかったんですが、何とか無事に帰ってまいりました。
まだ友達にお土産を送っていないので、明日あたり、急いで準備したいと思います。
スポンサーサイト