秀山祭三月大歌舞伎
秀山祭

3ヶ月連続の歌舞伎観劇。久々に京都の南座に行ってきました。
今回は「秀山祭三月大歌舞伎」。三代目中村又五郎さん、四代目中村歌昇さん親子の襲名披露公演です。
ちなみに、以前にこのブログでご紹介した八坂神社での奉納舞は、この公演の成功を祈願したものです。
私は昼の部を観劇してきました。

まず最初は、「元禄忠臣蔵」より「御浜御殿綱豊卿」。
この演目は2年位前に松竹座でもあったのですが、その時は見れなかったので、今回楽しみにしていました。
徳川六代将軍の家宣がまだ綱豊という名であった頃を舞台に、四十七士の一人・富森助右衛門との心の交流を描いたもので、最初はあまり盛り上がりのない感じだったのですが、徐々に白熱していく綱豊と助右衛門のやりとりに引き込まれ、感動を覚えました。
また、数年前に御浜御殿(東京にある、現在の浜離宮)に行ったことが幸いして、広大な御殿の臨場感を感じながら見ることができました。
愛之助さんの綱豊は、少し「作り阿呆」のような感じで、はんなりした殿様の雰囲気と、時々垣間見せる「もののふ」としての熱さが印象的。
錦之助さんの助右衛門は、実年齢では愛之助さんよりも年上なのですが、血気にはやる武士らしい若々しさ。はきはきとした台詞がとてもよかったです。
芝雀さんの絵島は、華やかな打ち掛けが似合う美しさに加えて、実務家の御殿女中のキリリとした感じが出ていました。
綱豊の愛妾・お喜世の方を演じる若い壱太郎さんがお兄様方に混じって頑張っています。また、錦之助さんの長男・隼人さんも、やや背が高いながら、愛妾・お古宇として甲斐甲斐しさと可憐な物腰を見せていました。
  
二番目の「猩々」は、とにかく可愛かった!
親孝行な酒売りと、揚子江の中に住む想像上の生き物(もしくは妖精)でお酒が大好きな猩々の踊りですが、まだ若い種之助さんの酒売りはあどけなく(でも台詞はしっかりしていて、いい声です)、歌昇さんの猩々は木目込人形のような愛らしさ。翫雀さんは「猩々のお父さん」という感じでほほえましく(二人の猩々はとくに親子というわけではないとは思うんですが、翫雀さんが歌昇さんのお父さん世代なので、そう見えました)、まるで童話のような可愛らしさでした。
前田剛氏の美術も軽快で、おごそかな松葉目ものにさわやかさをプラスしていたと思います。

おしまいは「熊谷陣屋」。
初代吉右衛門(今の吉右衛門さんの祖父であり養父でもあります)の当たり役である熊谷直実を、こちらも当たり役としている当代の吉右衛門さんが演じます。
昔ながらの歌舞伎らしく、話の展開がかなりゆっくりなので、最初は正直眠気と戦ってしまいました
しかし、忠義のために我が子を手にかけた直実の想像を絶する苦しみや悲しみ、またそれを知った奥方・相模(芝雀さん)の嘆きが胸に迫り、途中から大号泣!
戦のさなかに生まれていなければ、また主君をもつ身に生まれていなければ、決してこんな悲しいことは起こらなかったんだろうな…。
五月に松竹座で見る予定の「寺子屋」もそういった話なので、今から涙腺が心配です。
吉右衛門さんの熱演はもちろんのこと、歌六さん・又五郎さん兄弟の巧さが光り、見ごたえのある舞台でした。
今回は一門の若手がずらりと郎党役で並び、台詞はないながらも、毎日名演を見てとても良い勉強になったのではと思いました。

追記:この場を借りてお知らせです。
来月からカテゴリーに「歌舞伎」を追加し、それ以外の演劇ネタと分離します。
引き続きご愛読いただければ幸いです。
スポンサーサイト