ひさびさの歌舞伎鑑賞教室
このところ、少しだらだらモードですみません(まだ仕事が少し忙しいので…)
22日に南座の歌舞伎鑑賞教室に行ってきました。
歌舞伎鑑賞教室は実に5年ぶり。
あれからもう何度も歌舞伎は見に行ってますが、まだまだ知らないこともたくさんあり、原点に戻るのはやっぱりいいね。
最初の「解説 南座と歌舞伎」は、いきなり「楼門五三桐」の豪華なセットから始まってビックリ!
元々の台詞をもじった桂九雀さんの台詞が面白くて、始まりからワクワクです。
上村吉弥さん一門の純弥さんが大役の真柴久吉で、こちらも嬉しくなりました。
普段から美しい舞台姿ですが、近く(今回は後ろのほうの席ながら花道の横に座れました)で見てもキリリと美しいです。
今回の音楽についての解説は、「楼門五三桐」にも出てくる「大薩摩」について。
以前から「大薩摩ってなんじゃらほい?」と思っていたので(見ていてもよく分かっていなかった)助かりました!
足を乗せる台はけっこうグラグラするようですね。
三味線の奏者・今藤佐敏郎さんは「演奏しているうちに台がいごいたり…」と言っていて(関西のおっちゃん世代は「動く」を「いごく」と言います)、親しみやすかったです(笑)。
それ以外にも音楽についての説明や、南座についての解説など色々あり、休憩を挟んで後半は「連獅子」。
吉弥さんの親獅子の精、今大活躍中の一門の子役・吉太朗さんの子獅子の精という注目の配役で、ずっと楽しみにしていました。
吉弥さんの立役はあまり見たことがありませんが、美貌と実力を兼ね備えた女形でもあるだけに、さすが立役でも美しい!品があります。
吉太朗さんは小学校6年生になったばかりでまだ背が小さいので、吉弥さんの肩に手を置く振付でも伸び上がるようにして手を置いていて、その一生懸命さが可愛く、子獅子の健気さが伝わってきます。もちろん、子どもとは思えないくらい踊りも上手くて感動!
大満足の「連獅子」でした。
合狂言の「宗論」は千次郎さん、佑次郎さん。
少し若さが出た気がしますが、この狂言特有の面白さをしっかりと演じていたと思います。

ここ数年間、通常の公演を見るのに忙しくて鑑賞教室には行けなかったのですが、ぜひ来年も行きたいなと思いました。
今度の演目は何かな~。
スポンサーサイト