「テルマエ・ロマエ」
お久しぶりです。
ただ今、ゴールデンウィークおさらいキャンペーン中です(笑)。
4/29に見た宝塚歌劇の感想を書き終えたので、時系列に沿って、4/30に見た映画「テルマエ・ロマエ」の感想を…。

歴史が好きなので、以前から興味のあった映画なんですが、とにかく面白かった!
阿部ちゃんのモノローグって何であんなに面白いんだろう。四角四面なルシウスの性格が出てる~!
でも、面白いばかりじゃなく感動するところもあって、見終わった後とても充実感がありました。
温泉も家の狭いお風呂も、とてもいいな~と思える映画でした。
これはもちろん架空の話ですが、わりと歴史や地理に忠実に作られてるのもすごい。
ドナウ川流域って今でも温泉がいくつかあるんだよね(ハンガリーとか)。
ローマ人のキャストは日本人とイタリア人がいますが、ローマのシーンはどっちも吹替えっぽく聞こえてなんだか不思議(実際はイタリア人のみ日本語吹替え)。でも、違和感ないですね。
漫画はまだ連載しているようなので、また続編を作ってほしいなと思いました。
シャンプーやソフトバンクのCMでも阿部ちゃんや上戸彩ちゃんがスピンオフ(?)してますが、それだけでもめちゃめちゃ面白いもんねー。
スポンサーサイト