くまモンに出会う(?)旅 1
ずっと周回遅れな感じで申し訳ないんですが、7日~9日まで熊本に旅行に行ってました。
九州新幹線が去年開通したので、博多まではのぞみに乗ったんですが、そこから熊本までは「さくら」に乗りました!
IMG_1420_convert_20120618215953.jpg
九州産の木がふんだんに使われていて、座席もすごく良いし、ブラインドがスダレだったりして「和」の良さがあります。
また九州に行くときに乗りたいなー。

熊本に着いて、まず訪れたのが熊本城。加藤清正が築城した天下の名城です。
熊本城2
お城の前に清正像があります。
加藤清正
最初は気づかなかったんですが、すぐ横に清らかな水が湧いています。名水の里・熊本ならではですね。

熊本城といえば石垣。
熊本城

二様の石垣
この写真右側の緩やかなほうが「扇の勾配」と呼ばれる、清正が築城した当時の石垣。
別名「武者返し」といわれ、上部で急に反り返るように垂直になり、敵が登れないようになっています。
左は細川家の城になってから作られた石垣です。
間違ってラクに行けるルートからはずれてしまい、石垣を見るコースに行ってしまったのですが、ずっと前からこの「二様の石垣」が見たかったので逆に良かったかも。

熊本城といえばもう一つ、小さな天守閣といってもいいほど見事な櫓があります。
中でも、宇土櫓は築城当時から残っているものとして有名です。
熊本城宇土櫓
宇土城の天守閣を移築したという説があることから「宇土櫓」というのですが、本当は最初からここに櫓として建てられたものだそうです。
内部はかなり古くてちょっと危ないところもありますが、400年の重みを感じることができます。

そして、天守閣にも行ってきました。
熊本城天守閣
西南戦争で焼けてしまい、これは再建されたものです。
地下も含めると7階まであって、私は登れるか心配だったんですが、いつの間にか一番上まで登ってました。

新たに復元された御殿にも行ってきました。
熊本城御殿1

熊本城御殿2
ここは「昭君の間」(中国の美女・王昭君の壁画が描かれています)といって、御殿の中でも一番豪華な部屋です。
思ったよりも小さいのですが、以前に徳川美術館で見た部屋とよく似ていて、江戸時代の大名建築の特徴を見ることができます。
こんな感じで、熊本城は盛りだくさんなので、見るのにかなり時間がかかりました。

歩き回って疲れたので、熊本名物・いきなり団子を食べながら休憩。
いきなり団子
さつまいもと餡をいきなりおまんじゅうの皮で包んで蒸したものなので「いきなり団子」です。
オーソドックスな普通のさつまいもと、紫いもバージョンが売ってました。
私は普通のさつまいものほうを食べたのですが、あつあつで素朴な味わいで、すごく美味しい!
気に入ったので、帰りに冷凍のものをお土産に買いました。

休憩の後、藩主の弟が当主をつとめた細川刑部(ぎょうぶ)亭へ。
細川刑部亭
玄関だけ見たところではそんなに大きくはなかったのですが、中は部屋がたくさんあって、家来もたくさんいたことがよく分かるお屋敷でした。
きれいなお庭もあり、落ち着いた風情で癒されます。

夕食まで時間があったので、桜の馬場というところにある城彩苑で遊んできました。
熊本にまつわるクイズの映画や、大名の駕籠や衣装を体験できて面白いです。
私もお姫様の打掛やお殿様の羽織を着てみました。
桜馬場・城彩苑
ちなみに、けっこう重いです。

夕食は、同じ桜の馬場で郷土料理をいただきました。
馬肉焼き
これは馬肉を焼いているところです。
馬肉は脂が少なくて美味しいですよ~。
他にも、だご汁や、生アゲ 、辛子れんこんスティック(辛子れんこんを春巻きの皮で包んで揚げたもの)など、たくさんいただいておなかいっぱいでした!

帰りに、ホテルの近くの商店街に行ったら、やはりいました、くまモン!
くまモン1
昼間、お土産屋さんでたくさん見ましたが、どのグッズもすごく可愛くて目移りしてしまいました。
お店によって売っているものも少しずつ違うので、どれを買うかよけいに迷っちゃいます。
この電飾くまモンも、なぜか季節はずれのマフラー着用バージョンがあったりしましたが(笑)可愛かったです。
スポンサーサイト