くまモンに出会う(?)旅 2
2日目は、朝から水前寺成趣園(水前寺公園)に行ってきました。
雨が降ってきてたんですが、あまりひどくなく、傘をささなくても大丈夫だったのでラッキーでした。
水前寺公園2

水前寺公園1

水前寺公園にも名水が湧き出していて、それをまつる立派な神社もあります。
水前寺公園4

水前寺公園3
庭園に神社があるというのは意外でした。

もうひとつ、有名な古今伝授の間という部屋があります。
水前寺公園・古今伝授の間1

古今伝授の間2

古今伝授の間3
現在はこちらでお茶がいただけるようになっています(有料)。

いったんホテルへ戻ってから、いよいよ阿蘇へ。
熊本駅でお昼の弁当を買いに行ったら、ここにもいました。くまモン!
くまモン2
このくまモンの上には「一緒に写真を撮ろう」という紙が貼られていたので、撮影用ですね。
そういえば、せんとくんもこういう風に置いているよね(笑)。

お弁当を買って、九州横断鉄道で阿蘇へ。
九州横断鉄道
途中、阿蘇の外輪山を登るために珍しいスイッチバックがあります。
スイッチバックは、テレビや電車の本などでよく見るわりに、具体的にどうなっているのかイマイチ分からなかったんですが、実地に体験してよく分かりました。おもしろーい!

そして、阿蘇へ到着。
相変わらず雨が降っていたのですが、定期観光バスに乗りました。
さすがに、この日は私たち以外にお客さんがいなくて、観光バスが貸し切り状態。
サービス精神旺盛な運転手さんが写真を撮ってくれたり、たくさんお話してくれたりしてとても楽しかったです。
まずは一番景色がよく見えるという大観望へ行ったのですが、こんな感じ…。
大観望
また天気がいい時に来なければ。
めげずに、国造神社へ。
国造神社
こちらは神々しい感じで、台風で倒れてしまったものの大木もあり、歴史を感じます。
続いて、由緒ある阿蘇神社へ。
阿蘇神社
この楼門は、鹿島神宮(茨城県)・箱崎宮(福岡県)とならぶ、日本三大楼門の一つだそうです。
この神社の名水は有名で、ポリタンクで汲みに来ている方も。
神社界隈にも、商店街の店先に名水が湧く「水基めぐり」というのがあり、馬コロッケなどの食べ歩きと共に楽しめます。
水基めぐり1

水基めぐり2

観光を終えて、内牧温泉で宿泊しました。
とってもいいお湯で、そのうえ、7つほどある貸切風呂も予約なしで入れて最高!
大浴場を含めて4つくらいのお風呂に入りました。
夕食も、馬刺しやあか牛の朴葉焼きなど、阿蘇の名物がいっぱいでした。
夕食1

夕食2

翌日はロープウェイで阿蘇山の火口へ行く予定だったんですが、濃霧のためにロープウェイが運行停止で、代わりに阿蘇火山博物館へ行ってきました。
阿蘇火山博物館
一部古い展示もあったんですが、火口のライブカメラを自由に操作できたりという現代的なものも。
でも、この日は霧しか映らなかった…。
博物館は阿蘇山中腹の草千里にあるんですが、この周辺もすごい霧で、10メートル先も見えないくらい。
帰りにようやく霧が晴れてきて、草千里も見ることができました。
信じられないくらい広かったし、牛さん・馬さんもいっぱい放牧されていて、晴れていたらもっと見たいくらい。
バスの中からだけど写真撮ってくればよかったー。
バス停についてから少しだけ撮れたので、これでガマンしてくださいね(注:人の家の庭先に入っているように見えますが、決して入っておりません)。
草千里

帰りの電車(九州横断鉄道)の中で、阿蘇駅前の道の駅で買った飲むヨーグルトを飲みました。
飲むヨーグルト
大山とか、牛のいるところに行くと、どうしても飲むヨーグルトを買ってしまうのですが、阿蘇の飲むヨーグルトは濃厚で美味しくて、産地ならではという感じが良かったです。
そうそう、九州横断鉄道は、熊本行きもスイッチバック(下り)がありました。

もう梅雨に入っていて、天気はあまり良くなかったのですが、歴史を感じる熊本と、環境も温泉もとっても良い阿蘇を楽しめました。
次に行く予定のところは違う方面なのですが(苦笑)、九州は大好きなので、また行きたいと思います。
スポンサーサイト