舞台「鎌塚氏、すくい上げる」
日曜日にサンケイホールブリーゼで「鎌塚氏、すくい上げる」を見てきました。
もう少し笑いにキレがほしいところですが、みなさんの体当たり演技がおもしろく、頑張っていたと思います。
その中でも、船員役の六角精児さんが抜群にうまく、ツッコミの速度が絶妙!
主演の名執事・鎌塚アカシ役の三宅弘城さんは、優秀で真面目な執事であるがゆえの愛らしさとおかしみがあります。
田中圭くんは、いつもよくやる役とは違う、自信過剰なおぼっちゃま役。でも本当は鳥が苦手でヘタレ(笑)。鳥から逃げるときの動きが面白かった(私も鳩が嫌いなんで、あんな逃げ方してるんだろうか…)。
パッと見はさわやかだけど実はキャラがヘンな人というのが面白いです。
満島ひかりちゃんも豪快な令嬢(お嬢様が「豪快」ってびっくりだけど、贅沢やわがままが日常だとああいう感じになるのかも)を体当たりで演じていました。
途中で振付つきで歌うところはかなりうまくて「さすがはFolder5」と思いました。
二人とも、どことなく昭和な雰囲気があるので、華族制度が今も存在している設定にぴったりでした。
ストーリーも、令嬢が女中と入れ替わって…というもので、古典喜劇の「愛と偶然の戯れ」のような、典型的なところが設定によく合っています。(余談ですが「愛と偶然の戯れ」は宝塚で少し設定を変えて「君に恋してラビリンス」「めぐり会いは再び」という演目になっています。あと、船上を舞台にした「それでも船は行く」にも少し似てるな。)

この作品は、ひとことで言えばどたばたコメディですが(笑)、何気ないセリフの中に真実があります。
そこが単にどたばたなだけにならなくてよかった。しかも、大きく取り上げるのではなく、何気なくというのがいいな。
ラストで鎌塚氏はあるものをすくい上げているのですが、本当の意味で何を「すくい上げた」か、それは観客一人ひとりの想像にまかせるというか、一人ひとりの胸にあるんだろうなーと思えたお芝居でした。
スポンサーサイト