映画「ひみつのアッコちゃん」
この秋以降は見たい映画ラッシュです。
まずは「ひみつのアッコちゃん」。
予告を見て、意外に面白そうと思って見に行きました。
正直に言いますと、期待していたほどではなかった…というか、想像してたのと違うなと思ったところはあるんですが、感動するところも随所にあり、全体的には面白かったです。
また、綾瀬はるかちゃんがいろんな格好をするので「カワイイ綾瀬はるかを見よう」的な感じもあるんですが、やっぱり可愛かった(笑)。
そして、小学生になりきりっぷりがスゴイ!「わーん!」と泣き出すところはいかにも小学生な感じでした。
あと、大杉漣さんが、アッコちゃんが変身した元社長を演じるところがあるんですが、上手すぎて笑った!やくざ映画から小学生女子(?)まで、大杉漣、おそるべし。
谷原章介さんも、今、テレビでやってる「負けて勝つ」の白洲次郎とギャップありすぎで面白いです。
岡田将生くんは「プリンセストヨトミ」に引き続き、綾瀬さんに振り回される(?)役でした。
映画の特番によると、どうも撮影の合間も綾瀬さんの天然っぷりに振り回されてたっぽいですね(笑)。「プリンセス…」で慣れたのか、ツッコミも相当入れてましたが。
この二人「天然な姉に振り回される弟」みたいで面白いんですが、今回みたいなラブコメディじゃなく真面目なラブストーリーのオファーとか来ちゃったらどうなるんでしょう(笑)。でも、それも見てみたいかも。
私は昔の「アッコちゃん」はほとんど知らないんですが、設定を現代にしたことで「やっべー」とか男っぽい口調が時々入るのは少し違和感がありました。
すっかり昔のようにはしなくてもいいけど、アッコちゃんはもう少し可愛らしい口調のほうがいいかも。

P・S 塚地さんが守衛さんの役で、しかも谷原さんも出ているので、「ハンサムスーツ」を少し思い出しました。あれも変身ものだなー。
スポンサーサイト