祝・襲名!「壽 初春大歌舞伎」
今年の初芝居は歌舞伎から。
松竹座の「壽 初春大歌舞伎」を観に行きました。
omodakaya2
今年も櫓があります。
この下を通ると一年間息災で過ごせるそうです。
今年の初歌舞伎は、四代目猿之助をはじめ、二代目猿翁、九代目中車の襲名披露。
東京での襲名公演で話題になった、福山雅治さん撮影のポスターもお目見えです。
omodakaya3
よく見ると大阪バージョンになっています!名古屋や博多バージョンも作られるのかな?

さて、私が見た昼の部は、いかにもお正月らしい非常に華やかな演目が並びました。

まず最初は「正札附根元草摺」、通称「草摺引」。
新年に縁起の良い“曽我物”で、美しく楽しい舞踊です。
猿弥さんの曽我五郎、笑也さんの舞鶴という、巧いお二人の舞はとても面白かったです。
舞鶴は怪力といえども女性なので、艶やかに女らしく舞い、長唄の歌詞にも女性らしさがあるのですが、本来の朝比奈バージョンだとどんな感じになるんでしょう?(去年4月のこんぴら歌舞伎で、又五郎さんと歌昇さんが踊ったのですが、その映像、どっかでやらないかなー)

続いては「毛抜」。
ご存知、歌舞伎十八番。私は高校生の時にテレビで見たことがあるのですが、分かりやすく面白く、歌舞伎は初めてという方でも楽しめるお話だと思います。
右近さんは小柄ながら、大らかで颯爽としていて、でもちょっとエッチ(笑)という、愛嬌ある粂寺弾正がよく似合います。「煙管は踊らん」というのが可愛らしかった(笑)。
猿弥さんの八剣玄蕃、笑三郎さんの巻絹、薪車さんの秦民部、春猿さんの秦秀太郎ほか、みんなそれぞれぴったりですね~。
竹三郎さんの小野春道はさすがにオーラがすごくて、さすがベテラン!と思いました。
そして、幕開きから今回名題披露となる方が続々と出てきて、なんだかこっちも嬉しくなってしまいました。

お次は猿之助さんの襲名披露狂言「吉野山」。
…と、その前に、出てきました!福山雅治さん寄贈の祝い幕!
omodakaya1
みなさん待ち構えていたようで、出てきた瞬間にカメラのフラッシュがいっせいに焚かれました。
私も、猿之助さんのお芝居はもちろんだけど、これも見たかったんだ~!
さてさて、「吉野山」。
今回は猿之助さんの狐忠信に藤十郎さんの静御前という豪華な顔合わせ。
藤十郎さん、何でいつまでもあんなに美しいのでしょう!
上に着ている白い道中着の片袖を脱いで、赤い振袖を見せて踊るところでは、白拍子であることがはっきり見えるようで、その表現力に驚きました。
猿之助さんの忠信、去年七月に又五郎さんの忠信を見ましたが、同じ役なのに表現のしかたによってすごく個性が出るんだなーと思いました。
猿之助さんは若く軽快で勢いある踊りが印象的。鼓にされた両親を慕うところは若さゆえでしょうか、表現が大きかったように思います。
藤太は翫雀さん。「役者づくし」はちょっと短めでしたが、コミカルな動きが楽しく、明るさと若々しさを振りまいていたと思います。
今回の「吉野山」はもちろん澤潟屋型で、一瞬にして忠信の衣装が変わる「ぶっかえり」や、幕切れの激しい狐六方が特徴。猿之助さんの卓抜した身体能力にオドロキでした!ひょっとしたら、これから新しい舞踊や型を創設していくこともできるのでは?と期待が湧きました。

おしまいは「楼門五三桐」。
中車さんが初めて挑戦する古典で、猿翁さんとの親子共演が実現しました。
猿翁さんは2日に休演の報があり、心配していましたが、右近さんが劇中のセリフに「親子共演」という言葉を織り込んでいたので「猿翁さん出るんだー」とホッとしました(客席からも安堵のため息がもれていました)。
中車さんの五右衛門は目ヂカラが鋭く、歌舞伎界では初心者ながら、やはりひとかどの俳優さんというのはオーラがすごいなと思いました。
発声も、時々濁るところはありながらも、東京の襲名披露公演を映像で見た時より歌舞伎役者らしくなり、着実に階段を登っていってるんだなと感じました。
いつか「中車!」と名指しで声がかかる日がくればいいですね。
久吉に扮した猿翁さんは、先日の休演を感じさせないしっかりした立ち姿で、最初はやや不明瞭だったセリフも、途中からは驚くほど張りのあるものになり「さらば、さらば」のところは聞きごたえがあったと思います。

この日は、終演後に大丸で行われている「猿之助への軌跡」展にも行ってきました(ちなみに、今回の初春大歌舞伎のチケットを持って行くと入場料が半額になります!)。
猿之助さんの迫力ある大判パネル写真はどれも工夫があり、どの舞台も見てみたいなと思ってしまいます。
「ヤマトタケル」の写真パネルや衣装もあり、また関西でもやってほしいなと思いました。
また、「四の切」を初上演する際に撮られたドキュメンタリー映画もあり、ちょうど今月2日に生中継で見た「四の切」の仕掛けはこうなっていたんだなーと分かって面白かったです。
様々なケレンは体力面でも安全面でも負担が大きいとは思いますが(あれを毎日やってるのかと思うと頭が下がります)、舞台スタッフの皆様とチーム一丸となって無事に千秋楽を迎えてほしいなと思います。
スポンサーサイト