映画「相棒 X DAY」
先週、待望の映画「相棒 X DAY」を見てきました。
ドラマ「相棒」でも人気のイタミンと、田中圭くん扮する岩月捜査官が「相棒」となって事件を解決…という企画を初めて知って、「うわぁぁ~!!」と大喜びしたのはいつだったか、もう忘れてしまいましたが、メジャーな作品では初といっていい圭くんの主演作、しかもイタミンの川原さんとW主演とは、なんと素敵なことでしょう
…とまあ、私はファンモード全開になりがちなのですが、普通に「相棒」の一部として見ても、映画作品として見ても、多少難しいところはありながらもじゅうぶん楽しめる作品だったと思います。
映画の迫力の画面で、「相棒」シリーズお得意の国家の動向との絡みを、苦いような、もどかしいような気持ちで眺めるのもなかなか面白い体験だったな~。

今回の主役の相棒ふたり。
イタミンは相変わらず不器用でツンデレで、荒っぽいところもあるんですが、そういうところがなんだか可愛いなと思います。
とくに、岩月くんを信頼して携帯を投げ渡すところが好きだったな。
「普通、赤外線でしょ」と岩月にぼやかれてしまっても(笑)、そこがイタミンなんですよね。
岩月はクールで情に乏しい現代の若者。
でもそんな岩月が、いつのまにかイタミンと同じ表情になって、同じことを吠えている。
自分の事しか考えていない犯人に喰ってかかかるところはちょっと胸が熱くなります。
そして、いつもの岩月に戻ったらちょっとツンデレになっちゃってる(笑)。面白いなあ。
圭くんは眼鏡がクールな雰囲気に映えてカッコよかったな。
それにしても、若い役から、ちょっとずつ大人な役になっていく過程を眺められるのも、若手俳優を見守る醍醐味だなと思います。
今シーズンのドラマにも出ましたが、岩月くん、次のシーズンからもちょこちょこ出てきてくれるのかな。

脇を固めるのはドラマでお馴染みの面々。
トリオ・ザ・捜一の三浦さんと芹沢くん、右京さんと前相棒の神戸くん、角田課長らの活躍も楽しく見ることができます(角田課長、ヤクザ逮捕するのって大変なんすね)。加えて、新米議員から老獪な政治家になりつつある片山雛子議員の姿もなかなか面白かったと思います。
あと、戸次重幸さんが今回の被害者だったんですが(最初の場面で「ぎゃああ、戸次さんがー!!」と焦った)、生きているときの場面はなかなか良かったんではないでしょうか。
国仲涼子さんも大人っぽくなって、素敵になったと思います。
スポンサーサイト