映画「リアル ~完全なる首長竜の日~」
日曜日に「リアル ~完全なる首長竜の日~」を見てきました。

詳しくネタバレするとおもしろくないので、今日はあまり書けませんが、ストーリーが明確にあるというよりは、曖昧な中で徐々に分かってくる感じ。
主人公が昏睡状態の恋人の意識の中に入る「センシング」というものをするのですが、現実のように始まったシーンが意識の中のシーンだったり、途中で突然のどんでん返しがあったりで、「あれ?どうして?」となるところもあるんですが、見終わって、実はその突然さ自体が伏線だったのかも?と気づいたり、普通のストーリにー則った映画とは違う感覚を受けました。
ハリウッドではなく、カンヌ出品作品にありそうな雰囲気(笑)。
あと、オルフェウスとか、イザナギとイザナミみたいなところもあるなと思いました。そこに現代的な潜在意識の話を足したような…。
見てスカッとするとか、そういうジャンルではないのですが、全部見た後で「ここがこうで…」と謎解きしてみたくなるような作品でした。
スポンサーサイト