映画「華麗なるギャツビー」
ちょっと時間があいてしまいましたが、この間、映画「華麗なるギャツビー」を見てきました。

実は、時間があいてしまったのは、何から書けばいいんだ~!と迷ってしまったため。
一つの映画の中にいろんな要素があって、それが混じり合っているような感じがするので、なかなか感想が書けなかったんです。
なので、今回はとくに印象的だったところをピックア~ップ!(なんでそんなにテンション上がってるんだ?)

1.ギャツビー役のディカプリオが役にはまってた! 
ディカプリオは30代後半。これ以上若くても、年いってもイメージと違ってしまう。まさに今しかできないギャツビーでした(ちなみに、ギャツビーは32歳くらいなのですが、ディカプリオが若く見える&あの時代の32歳なので、今の彼が合ってるような気がします)。
原作にあるような、青年紳士の雰囲気の中に、ふと見え隠れする軽薄さはほとんど影をひそめ(せっかくピンクのスーツも出てきたことだし(笑)、そういうところがもうちょっと見えてもいいかな)、そのかわり、一途であったがために周りが見えなくなってしまったところが加味されていておもしろかったです。

2.ニック役のトビー・マグワイヤが絶妙! 
見る前は正直、彼にニックのイメージがなかったんですが、存在のしかた、台詞、表情があまりにも絶妙で、アカデミー賞助演男優賞にノミネートしてもらいたいくらいでした!いや~上手い!

3.パーティーの演出が独特でおもしろい!
この時代らしいスィングジャズを前面に出して作るというのが、まあスタンダードな作り方だと思うんですが、ここではジャズを踊りながら、音楽は最新のもの。そして、過剰なまでにド派手なダンサーやボードビリアンたち。
1920年代にここまで派手な色合いの衣装があったかどうかは置いといて、パーティーの客たちのエスカレートした興奮状態がしっかり表されていたと思います。

まあ、心の中には他にもいろいろあるんですが、まだ混沌とした感じで、でも、それはそれで取っておいてもいいかなと思ってます。
その混沌自体が1920年代の印象なのかもしれないし、ギャツビーやニック、デイジーやトムの心理状態なのかもしれないので…。
スポンサーサイト