日帰り鳴門
仕事がなかなか決まらなくてストレスで行き詰まりかけてたので、鳴門でリフレッシュしてきました。
難波から高速バスで2時間。意外と近い!
naruto2
鳴門海峡大橋を超えてすぐ、「鳴門公園口」で下りたんですが、ここからはかなり急な下り坂です。
自家用車以外で行かれる方はスニーカー履きをオススメします

さいしょに大塚国際美術館へ向かったんですが、目の前にあるように見えて、道が曲がりくねっているので方向がややこしく、迷うこと15分…やっとたどり着きました。
naruto3
いやー、広い!
山の斜面を利用して建てられていて、入ってすぐに長~いエスカレーターがあります。
naruto7(これは帰りに撮りました。)

エスカレーターを降りたところには、ミケランジェロの壁画「最後の審判」と天井画「天地創造」を陶板で原寸大に再現した「システィーナホール」があります。(ホールを出たところにはシスティーナ歌舞伎などの写真も。そういえば、今年2月に改訂版が上演された「GOEMON」はここで誕生したんですよね。)
ちょうど学芸員さんの解説が始まったところだったので、そのまま一緒に行動しました。(大塚国際美術館では、1時間に1度無料のガイドツアーが組まれています。もちろん学芸員さんは人間ですが、システィーナホールのある地下3階部分ではなんと、ロボットの「アート君」が解説している時もあります。)
システィーナホール以外にも、教会などの内部を再現した部屋がたくさんあってびっくり!青色が美しいスクロヴェー二礼拝堂が印象的でした。
ガイドツアーではすべての所蔵品が紹介されるわけではないんですが、見どころを回って詳しく解説してもらえる上、作品の近くに寄って細部をじっくり眺めたり触ったりもできるので、海外旅行や国内の展覧会で実物を見た後でもより深く学べて、すごく楽しかったです。
2時間ほど解説してもらって、最後に「モネの大睡蓮」という庭園へ。
ここは中央にモネの「睡蓮」の連作の陶板があり、その周囲には睡蓮の池があります(モネの描いたジヴェルニー村の家の庭がモデル)。
naruto4
この陶板画は、モネが元の作品を描いた時と同じように太陽光の下で見ることができます。
実物はパリのオランジュリー美術館にあり、自然光を取り入れた部屋で見られるのですが、私が一昨年の冬に見た時よりも赤みや黄みが強く見え、物体は光によって色が違って見えるという印象派の意図がよく分かりました。
睡蓮は今がちょうど見頃で、とても綺麗です。
すぐ横にティールームもあるので、ゆっくりお茶しながら見るのもいいと思います。
naruto5

naruto1

食事は上の階のレストランで、名物である鳴門鯛のお茶漬けをいただきました。
少しだけ、しょうゆとゴマに漬け込んである鯛をそのまま食べてみたんですが、なかなか美味しかったです。
naruto16

食事の後も館内を少し見たのですが、広すぎて全部見ることは断念しました。
それでも、スペインのプラド美術館に行った時に貸し出されていて見られなかったゴヤの「裸のマハ」を、本場と同じ展示形態で見られたのはよかったな。

美術館を出た後、近くにある「うずしお汽船」の観潮船に乗ってうずしお見学をしてきました。
ちょうど見頃の時間に行けたので、かなりたくさんのうずしおを見ることができました。
naruto8

naruto9

naruto10(これはうずしおが2つ!)

natuto12

鳴門海峡大橋の真下あたりに岩で段差ができていますが、これが瀬戸内海と太平洋の境目です。
実際に流れが違っているのが見れて面白かったです。
naruto6

船を下りた後、橋の下にある「渦の道」へ行ってきました。
もと来た坂道を上がり、そのうえ渦が見えるところまでずーっと歩いていくので、かなり暑くてしんどかったです。
naruto13
この写真に写っている網目の部分にはガラスが嵌まっていなくて、風が通り抜けるし、車の振動で揺れるのでちょっと怖いです。
さらに、床の一部にガラスが嵌まっていて、そこからうずしおを見ることができます。
3歳くらいの子がお母さんに「この上に乗ったら(海に)はまる?」と聞いていて、思わず笑ってしまいました。
naruto14
潮の流れが集まってきて、ぐるぐると輪を描く過程を見ていると、ちょっと怖いけど面白くて、1分や2分はすぐに過ぎてしまいます。

「渦の道」から戻ってきた後は、すだちジェラートを食べながら一休み。
naruto15
柑橘系はさっぱりしているので、変に後を引かなくて美味しいです。
他に、いも(鳴門金時)ジェラートや、わかめソフトクリーム(ちょっと勇気がなくて遠慮しました)もあります。

帰りは、高速鳴門のターミナルから帰ったのですが(最初に下りた鳴門公園口は降車専用)、ターミナルへ行く途中で「すろっぴー」という不思議な乗り物に乗りました。
naruto11
無人の簡易モノレールというか、レール上を動くエレベーターというか、とにかくそんな感じ。遊園地みたいで面白かったです。

高速バスを調べていると、意外と短時間で行けるところや、電車で行くより便利なところもありますので、これからもまた、いろいろなところへ遊びや息抜きに行きたいと思います。
スポンサーサイト