映画「終戦のエンペラー」
あー暑い~
すっかり暑さに負けて書くのが遅くなりました、「終戦のエンペラー」の感想です。

かつて日本人の恋人がいたフェラーズ准将の焦りや葛藤などはあるものの、おおむね日本とアメリカの終戦直後が淡々と描かれる作品です。
しかし、その冷静な描写が、「戦争とはどういうものか」ということを一人ひとりに考えさせるような内容でした。
戦争がよくないのは当然ですが、なぜよくないのか、戦争をすればどういうことが起るのか、後に何が残るのか、そういった思いが、見ている間じゅう、頭の中を駆け巡りました(そういえば、日本人のみならず、勝ったはずのアメリカ人も笑顔を見せることがなかった映画でした)。

終戦直後、焼け野原になった日本の描写はドラマの「負けて、勝つ」や宝塚の「黎明の風」などで繰り返し見ていますが、基地にうずたかく積み上げられたゼロ戦の残骸に胸を衝かれました。
こういう描写は今まで見たことがなかったんですが、あのゼロ戦に乗っていた若者達はことごとく命を失ったんだ、そして、あの戦闘機がぶつかった軍艦に乗っていた人も…と思うと、単に「悲劇」「哀史」とするだけでは済まされない重いものが残ります。

この作品は、日米合作映画ということで、日本からもアメリカからも錚々たるキャストが参加しています。
なかでも、伊武雅刀さんのとてつもない存在感、そして、なんといっても片岡孝太郎さんの昭和天皇の心を感じさせる演技に圧倒されました(特に何も喋らないところでも、どれだけ苦悩し、どれだけ心を痛めていたかがよく分かりました)。

ともあれ、こういう日米合作映画を作れるようになったということは、今現在が平和だということであり、双方が感情に流されず冷静に「あの戦争は何だったのか」と考え始めることができる時代になってきたのだなと思います。
スポンサーサイト