「復活」読了!
8月末に物置の中から引っ張り出してきたトルストイの「復活」(父が高校時代に買った全集の中にあります。ただし、集めるだけ集めて読んだかどうかは不明(笑))、ちょっとずつ読んでいたんですが、やっと読み終えました!
昔、「アンナ・カレーニナ」に大苦戦したのですが、これは同じトルストイでも読みやすく、分かりやすかったと思います。
でも、やはりロシア文学なので、長くてしんどい箇所も少しはありました。
宝塚で舞台化されたものも見ているのですが、舞台ではテーマを絞り込んでいますので、割愛した部分のテーマや人物の気持ちを知ることができたのは良かったし、面白かったです。
次は、(今まで読んでこなかったのがお恥ずかしい限りですが)「ドン・キホーテ」に挑戦です。
スポンサーサイト