「清須会議」
昨日、映画「清須会議」を見てきました。
三谷幸喜作品としては真面目な作りで、爆笑というよりは、時々クスクスと笑う感じかな。
でも、三谷さんの歴史マニアならではの視点や、大の大人が真剣に右往左往する姿が面白く、今まで遠い過去の人物として見ていた戦国武将たちを、自分と同じ目の高さで見られる作品でした。
ことに素晴らしかったのは大泉洋さんの秀吉。
明るく、人から愛されるイメージはぴったりだし、そんな中にも「天はこの風采の上がらぬ男に類稀なる知力を与えた」と納得できるすごみ、そして、高い志(目の動き一つでそれがグッと表に現れてくる)を感じさせて名演でした!
さっき、「大の大人が真剣に右往左往する」と書きましたが、役所広司さんをはじめ、現在、第一線で活躍する俳優さんたちが意外な表情を見せてくれて、会議を描いたものながら、どこかしら生き生きと動きのある映画になっていたなと思いました。
とくにお寧の中谷美紀さんの陽気な踊り(「踊り狂う中谷美紀」なんて初めて見た(笑))、池田恒興の佐藤浩市さんのセコい立ち回り方、織田信雄の妻夫木聡さんの突き抜けたおバカっぷりが面白かったです。あと、ひたすら走り続ける滝川一益の阿南健治さんも!(「ステキな金縛り」の更科六兵衛さんとも戦ってたな~。)
また、ワンポイントのカメオ出演ながら、松山ケンイチさんのオーラがすごくて、昨年の大河ドラマがこの人を確実に大きく育てたなと思いました。
その松山さん演じる堀秀政が用意した木の人形「でくのぼう」。
信長の嫡孫・三法師丸をあやすときに使われるのですが、誰もいなくなった大広間にこの人形が放置されているのを見て、「ホントの『でくのぼう』とは一体誰のことか?」と考え、一瞬、背筋がゾッとしました。
いやはや、歴史マニア・三谷幸喜、恐るべし。

P・S 信長の長男・信忠の勘九郎さん、付けっ鼻(笑)してると勘三郎さんそっくりでびっくりした!
あと、エンドロールに「さまざまな声」として山寺宏一さんの名前がありましたが、酒盛りのときの歌声がやけに揃ってるように聞こえたのは、もしかして山ちゃんの多重録音?
スポンサーサイト