プチ避暑
久々にブログネタが立て込んできてます(笑)。
まずは、もう先週になるんですが、25日に行ったガーデンミュージアム比叡のことから。

比叡山へは、叡山電鉄の八瀬比叡山口からケーブルカーとロープウェイを乗継いで行きます。
私は比叡山も初めてなんですが、八瀬へ来るのも初めて。
隆慶一郎さんの小説「花と火の帝」に、独自の言葉や風習をもつ八瀬の人々(八瀬童子)が出てくるので、どんな神秘的な里かと妄想がふくらんでいたのですが(笑)、静かで、緑がきれいで、とても素敵なところでした。
hiei5
今回、八瀬にはほんの数分しかいなかったのですが、大原もこの近くだし、「よし、今度は八瀬と大原に行こう!」と決めました(笑)。

さて、ロープウェイを降りてすぐのところにガーデンミュージアム比叡があります。
hiei4
やっぱり、平地よりちょっと涼しい~♪
そして、琵琶湖がよく見えます!
hiei3
ここは平地に比べて気候が涼しいので、真夏でもバラをはじめ、いろいろな花が咲いています。
バラ園もこのとおり、ほぼ満開です。
hiei2
色々と珍しい種類のバラがありましたが、とくに面白いなと思ったのはこれ。
hiei1
このバラの名前は、「トロピカルシャーベット」といいます。すごく感じの出てる色合いでしょ?

バラを見た後は、数々の花が咲き乱れる「花の庭」へ。
hiei9
見てください!色とりどり、百花繚乱!
hiei19
ガーデンミュージアム比叡は、「ミュージアム」の名のとおり、陶板に焼き付けた印象派の名画が園内に飾られています。
そして、園内のそれぞれの庭園は、印象派の画家たちの描いた景色をイメージしています(まったく絵のとおりというわけではありませんが、色合いがすごく似ています)。
hiei7
もちろん、純粋に庭園として見ても可愛いお花や珍しい花などがたくさんあって楽しめます。
私が見つけた珍しいものは、地面に植わっているトルコキキョウ。
切り花ではよく見かけますが、植えてあるのは初めて見ました(笑)。
hiei8

続いて、「藤の丘」へ。
hiei15
今は藤は咲いていませんが、この藤棚に咲いたら綺麗だろうなー。
今の時期は、珍しい半夏生(はんげしょう)がたくさん咲いています。
hiei14
私は初めて見たんですが、葉っぱの途中までが白くなっててお花に見えるのが面白いです。

この「藤の丘」を降りると「睡蓮の庭」へ。
ここはモネが「睡蓮」を描いたジヴェルニー村の庭園をモチーフにしています。
hiei10
睡蓮はまだ咲き始めかな。
hiei11
写真を見て気づいたのですが、水面への空の映り込み等もモネは忠実に(しかも印象派らしく)再現しているんだなーと感心してしまいました。

その次は「香りの庭」へ。
ここはハーブの庭園で、ただ歩いているだけでもいい香りが漂ってきます。
hiei18
今の時期はラベンダーがきれい。
hiei20

園内を一巡した後は、カフェでランチ。
行く前にHPを見て決めていたカブのポタージュスープをいただきました。
このスープは、ルノワールの遺したレシピを参考にして作っているそうです。
hiei12
写真だと少ないように見えますが、けっこう量があります。
味はコーンよりもあっさりした感じで、熱いですが、夏でもけっこういけます。
そして、オリジナルハーブティーも頼んでみました。
hiei13
ラベンダーやレモングラスやマロウ、カモミールなどが入っています。
飲みやすくておいしかったので、ショップで売っているのを買いました。

こちらのカフェはガラス張りになっていて、琵琶湖が一望できます。
美味しいハーブティーを飲みながら、いい景色を見てボーっとする…これこそ思い描いていた最高のリラックスタイムです。
またこんな幸せな時間が過ごせるといいなー。

食事の後、また園内を回って花の写真を撮ってから帰りました。
比叡山は涼しいとはいっても夏なので、日差しがきつくなると暑いですが、からっとしていて心地よかったです。
軽井沢とか、有名な避暑地で何日も過ごせるようなお金も余裕もない私ですが、意外と近くで、わずか半日ほどではありますが、いい避暑を過ごせたなと思います。
スポンサーサイト