京都~大原~三千院♪
一昨日、仕事がお休みだったので、京都・大原へ遊びに行ってきました。
七月に比叡山に行ったときにも降りた八瀬比叡山口の駅からバスで約20分、山を一つ越えれば大原の里です。
前回は乗り換えのために八瀬の景色もほとんど見ていなかったのですが、車窓から見ると、同じ山里でも、八瀬は山の間に家が点在している峻厳なイメージ、、大原は八瀬よりも農地が多くて平らなので、どこかほっこりと丸いイメージでした。

そして、大原といえば三千院。
oohara3
「京都~大原~三千院♪」で始まる、「女ひとり」という歌で有名なところで、いったいどんなところにあるのかと思っていたら、参道はけっこうな坂道(舗装はされてるけどね)。
あの歌のように着物ではとても行けません結城紬も塩瀬の素描きの帯も何もあったもんじゃないです(笑)。
行きたい方はぜひ動きやすい恰好で!
それにしてもこの三千院、めちゃめちゃきれいなところでした。
特に「聚碧園」と「有清園」の二つのお庭、「有清園」を間に挟んだ「晨殿」「往生極楽院」の美しさは必見です。
聚碧園は萩と秋海棠が見頃。
有清園は青々とした苔と杉木立が清らかで、数歩歩くごとにいちいち立ち止まって眺めたくなるほどでした。
往生極楽院の本尊・薬師三尊像も見どころの一つ。
私が行ったときは有名な観音菩薩・勢至菩薩のお二方はいらっしゃらなかったんですが(修復中?)、薬師如来の温かな存在感はとてもよかったです。
往生極楽院の天井は船底天井という独特のもの。
以前は極彩色にいろどられた大変美しいものだったそうで、その復元模型が宝物館「円融蔵」にあります。
私も行ってみたのですが、ほんとに綺麗!
美しい庭と極彩色の堂内…それはもう、極楽浄土もかくやといった感じだったのでしょう。
お寺は撮影禁止だったので、コチラの公式サイトをどうぞ。

帰りは山里の風情を見たくて違う道を通り、少し散策にも出かけました。
田舎育ちなので、田んぼは珍しくありませんが、青空が広がって、山も美しくて、歩いていて気持ちが良かったです。
oohara2

oohara1

大原のバス停に着いたのは予定より早かったのですが、暑かったからか、意外とたくさん歩いたからか、ちょっと疲れていたし、買い物もしたかったので、バスで京都駅まで戻ることにしました。
行きと帰りは途中から違う道(バスは出町柳まではほぼ電車の駅の近くを通ってました)だったのですが、大原から京都駅まではだいたい1時間くらいでした。

今回は三千院とその近くしか行かなかったのですが、今度は寂光院のほうへ行ってみたいです。
冬は雪が多いと思うので、行くならまた来年の今頃がベストかな。
スポンサーサイト