「GOEMON」ふたたび
去年2月以来、約1年半ぶりに「GOEMON」が松竹座に帰ってきました!
歌舞伎とフラメンコが融合した衝撃的な作品であることはもう知っているので、驚きとかはそんなにないんですが(でも驚いたことも多少あり)、めっちゃ楽しかった~‼
今回はカルデロン神父役に今井翼君を迎え、フラメンコの場面がよりパワーアップした舞台となりました。

主人公の五右衛門はもちろん愛之助さん!
今やすっかり上方を代表する花形スターになりましたね。大向こうでなくても「待ってました!」と言いたくなるオーラがあります。
今回は前回公演よりもセリフ回しがたっぷりしていて、豪快な五右衛門らしい余裕が感じられました。
それと、サービス精神も増したような気が。宙乗りでの去り際にちょっと手も振ってたし(しかも手だけ見える位置で(笑))。
やはりこれも余裕を持つことができているからでしょうか。
カルデロン神父の今井翼くん。
まさかフラメンコが縁で歌舞伎に出演することになるとは、ご本人も思ってもみなかったでしょう。
やっぱり第一線のスターだけあって、愛之助さんに負けないくらいオーラがすごい。
浄瑠璃の部分の「糸に乗った演技」は歌舞伎独自のもので、難しそうでしたが(大げさにし過ぎても動かなさ過ぎてもいけないんだな~と思いました)、数多くの舞台を踏んでいるだけあって、滑舌もよくて上手かったです。
あと、普段からフラメンコを一生懸命やっている人ですので、劇中での踊りにも非常に気持ちがこもっていて、思わず涙が出そうになりました。
出雲の阿国を演じる壱太郎さんは初演から少し年齢を重ねたこともあり、より艶っぽく、フラメンコのシーンではよりパワフルで情熱的な雰囲気が感じられました(ちなみに、この場面の黒御簾音楽は、三味線が奏でるフラメンコです!)
それにしても、ダンスシューズではなく足袋でサパテアート(ステップ)を踏んでいるのがすごい!足痛くないんだろうか?
あと、戸板の上に乗って担がれたまま、種之助さんと立ち回りをしていたのもすごかった!客席から心配そうな悲鳴が漏れたくらいです。
吉弥さんは初演(システィーナ歌舞伎)と同じく、美しく気丈な石田局と、阿国の夫・名古屋山三。
吉弥さんの石田局は今回初めて見ましたが、夫や子を振り切り、涙をこらえつつ聚楽第へ復讐に向かう姿に、濃厚な情念と切なさがありました。
名古屋山三はひたすら清々しく、颯爽とした男。ふだんは女形の吉弥さんの立ち回りが見られるのは貴重です(笑)。
それと、やっぱりあの拵えを見たら勝頼も見たくなってしまいます。
北政所は今回は萬次郎さん。
出てきたときから秀吉に有無を言わせぬ雰囲気があり、ちょっと笑いが起きたほど。
でも、こわいけど可愛らしいねねさんでした。
それと、秀吉役の翫雀さんに「年明けの雁治郎襲名披露興行、おめでたいからみんなで見に行きましょう」と言うアドリブに場内爆笑!
そういえば翫雀さん、先月は海老蔵さんに「兄さん、おめでとうござりまする~」と祝われてましたね(笑)。
秀吉の翫雀さんは前回よりスケールが大きくなり、敵役の雰囲気たっぷりになっていました。
でも、それを大げさに演技として見せず、「普段の秀吉」という感じに作っていたのもよかったな。
そして、私の推しメン(笑)種之助さん(見た瞬間「わーい、種ちゃん久しぶり~!」と喜んでしまいました)。
のちに勇猛な加藤清正となる虎之助のやんちゃで無骨者なところがニンに合っていました。
立ち回りもパワーが漲っていて、なおかつキリリとした風情で成長が感じられます。
今回の石田三成は吉太朗さん。数ヶ月見ないうちにまた背が伸びましたね!(小柄な種ちゃんを追い抜かしそうなくらい)
いま中学二年生ですが、もう子役ではなく青年役者といっていいほどです。
変声期なので声が出にくいと思いますが、歌舞伎独自の歌い上げるような言い回しでは声がよく伸びていました。
それと、若いながらに演技力があり、ちょっとした動きにも武士らしさが漂うのがいいですね。
前回吉太朗さんが演じていた五右衛門の幼少期を演じるのは若山耀人くん。
「軍師官兵衛」で官兵衛の幼少期&松寿丸を演じていてとても可愛かったんですが、松竹の子役さんなんですね。
歌舞伎の化粧をしているので、テレビで見るのとは違った雰囲気がありましたが、初めての舞台、初めてのフラメンコでも臆することなく、堂々と演技していたと思います。
フラメンコのシーンで、最後にスッポンにセリ下がるまできちんとステップを踏んでいたのもよかった。
この「GOEMON」という作品の魂を表現するかのような、佐藤浩希さんのフラメンコは前回同様にかっこよく、フラメンコに詳しくない私でも、その踊りのすごさに圧倒されます。
また、日本とスペインの血を引く五右衛門の情熱を表現できるのは、日本人の佐藤さんが踊るフラメンコならではだと思いました。
大薩摩とフラメンコのセッションも、前回は物珍しさで注目してしまった感がありましたが、今回は両者が一つのチームとして団結しているような一体感を感じ、胸が熱くなりました。

この作品の振付は藤間流宗家の藤間勘十郎さんなのですが、プログラムを見ると「苫舟」のペンネームで作曲も担当。そして、三味線の録音演奏も!
ご宗家、あの若さでいったいどこまで才能豊かな人なんでしょう!きっと、普段からものすごく努力されているからでしょうね。

今年の松竹座は、スーパー歌舞伎Ⅱや「GOEMON」など斬新な演目が続きましたが、折に触れて新しい空気を取り入れ、こういう「とんがった」作品を作ることによって、歌舞伎は息をして続いていくんだなと感じました。
古典と新作は別々なものではなく、ほんとは地続きになっているものなのでは…とも思います。

P・S 先日、来年一月・二月の雁治郎襲名披露興行の演目・配役が出ましたが、びっくりするくらい豪華!
豪華すぎて頭がクラクラするので、ちゃんと覚えられません(笑)。
いちいちネットを見るのもしんどいので、松竹座でチラシをもらおうと思ってたんですが、まだ発表されたばかりなので、先行チラシのみで詳細を書いた新しいチラシはありませんでした早く出てほしいな~。
スポンサーサイト