今日放送の大河ドラマ「軍師官兵衛」に、私の気になるものがちょこっと映ってました。
それは、官兵衛の嫡子・長政の兜!!
実は「軍師官兵衛」の放送が始まる前から(ということは去年の今頃、いやもっと前だったか…)気になって気になってしょうがなくて、「これ、ドラマに出てくるだろうか?」と思ってたんですが、念願叶って(?)登場いたしました。
どんなんかというと、コチラです。
この鉄板みたいな兜、名前は「一の谷」といい、源義経の「鵯越の逆落とし」で有名な「一の谷の合戦」の急峻な谷をモチーフにしたものだそうです。
この形だけでも「なんじゃこりゃー!」となっちゃうんですが、私が注目してしまったのは、この肖像画に描かれている長政の表情。
なんか悲しそうというか、「うーん…」と言いたそうな表情で馬に乗っています。
この一の谷の兜は福島正則からもらったものだそうですが、形はあまりにもユニーク。はっきり言って目立ちまくりです(笑)。
そのせいか、長政の顔が「でもなあ、せっかくもらったんだし、かぶらないと福島殿に怒られるだろうし…」とでもつぶやきそうに見えて仕方ないんです(笑)。
しかも、父・官兵衛はケチで有名。「新しく作るのはもったいない。もらったもので間に合わせとけ」と言われてしぶしぶかぶっているのかもしれません。

…まあ、私の妄想はこれくらいにして、戦国時代の兜には現代人が思わず笑っちゃうようなデザインがいっぱいあります
こんなサイトを見つけましたので、参考に見てみてください)。そういえば、官兵衛の兜もお椀型の兜ですよね。
あの時代の武将たち、前田慶次に限らずみんなかぶいてたのね~(笑)。

ちなみに、ドラマで長政を演じる松坂桃李くんが一の谷の兜をかぶっている画像は、「軍師官兵衛」公式HPのインタビュー映像(コチラ)の中にあります(ずーっとスクロールしていくと一番下にあります)。
こちらはべつに「うーん…」という表情ではありませんが(笑)。

そうそう、来週は三成のモフモフ兜が登場します!こちらも非常に楽しみにしています(笑)。
スポンサーサイト