二月も「がんじろはん」&初!幕見
お久しぶりです。
またまたネタがなくてお休みしてましたが、やっとネタにありつきました(笑)。歌舞伎です!
松竹座での二カ月連続の中村鴈治郎襲名興行。今月も華やかでおもしろい演目が目白押しでした。

昼の部の最初は「嫗山姥」。八重桐廓噺です。
かなり前にテレビ中継で少しだけ見たことがあるんですが(橋之助さんが坂田蔵人を演じてました)、肝腎の八重桐のところは見られなかったので、今回とても楽しみにしていました。
荒唐無稽だけど面白かった!
話の最初と最後でこんなに印象が違うのもなかなかないと思います(笑)。
最初は綺麗なお姫様(新悟さん)のところに、これまた綺麗な元傾城の八重桐(扇雀さん)が来て、立て板に水のごとくペラペラ、ペラペラと身の上話を語って、これが廓話で華やか、洒脱と言った感じなのですが、夫の坂田蔵人(門之助さん)と再会したところから急展開。
妹に仇討の先を越され、主君まで窮地に立たせてしまった夫は切腹するわ、その夫の魂(たぶん胆が赤く燃えてる感じ)が八重桐の体内に入って子ども(のちの金太郎)を妊娠するわ、魂が体に入ったとたんに怪力になって「暫」のように悪を蹴散らすわ(女形で隈取は珍しいですね)、現代劇ではまず考えられないような趣向のオンパレード。
テレビや映画のSF物なんてなかった江戸時代には、これがSFのようなものだったのではないでしょうか?
みんな「すごい!すごい!」って喜んでたのかも。
そして、今現在の観客である私は「いかにも歌舞伎らしい歌舞伎で楽しい!」と思いながら喜んで見てました。
浄瑠璃をいっぱい聴けたのも嬉しかったな。
御殿女中の皆さんもきれいで立ち回りもかっこよかった。
お局の歌女之丞さんの気品と凛とした雰囲気がよかったな。
竹朗さんが名題昇進されたことは先日知りましたが、名前も「竹之助」に変わられたのですね。おめでとうございます!

お次は「京人形」。
この演目を見るのはもう三度目ですが、何度見てもおもしろくて、誰もが楽しめる狂言だと思います。
松緑さんがなんともいえぬ愛嬌のある左甚五郎で、とっても可愛くて、これなら奥さんに茶屋の仲居のマネさせても許せちゃう(以前、歌舞伎鑑賞教室でやった時、司会の桂九雀さんが「こんなん、今やったら離婚ものでっせ」と言ってたなー(笑))。
奥さんのおとくは門之助さん。年下の旦那様が可愛くて可愛くて仕方ない感じ。
そして、京人形を演じる壱太郎さん。予想どおり、人形の箱のふたを開けた時にジワ(どよめき)が。
そのジワを予想しながら、ひたすらオペラグラスを覗いていて、ジワが起こった時に「そうでしょう、きれいでしょう」と大満足(笑)。
ちょっとひっくり返ったりもしてしまいましたが、演技力もなかなかのもの。
この人はどこまでも伸びていきますね~。
甚五郎は木を切ったり彫ったりする人形師なので、後半の立ち回りには大工道具が使われており、これもとても楽しいです。
敵が鉋で削られたり、直角に曲がった定規で測られたり、普段とは違うユーモラス感がありました。

そして「口上」。
一月は昼の部のみの観劇だったので、夜の部での口上が見られなかったのですが、今月は昼の部に口上がありますので、やっと見ることができました!
皆さん、おおむね真面目だったのですが、二か月目ということで少しリラックス感のある挨拶も。
門之助さんは「新鴈治郎さんとは同い年で、同じく同い年の錦之助さんと三人で踊りや鳴り物のお稽古、そしてごくたまーに(←ホントに?(笑))夜遊びも」と言ってました(笑)。
そんな中でも、壱太郎さんの口上の時に、「鴈治郎さん、よかったねえ…」と思えて、つい涙が…。

昼の部の切は「傾城反魂香 土佐将監閑居の場」通称「吃又」。
鴈治郎さんの又平を見るのは二度目ですが(もちろん、前は翫雀さんでした)、前回よりもリアリティと分かりやすさとが両立した演技になっていて、又平の心が手に取るように分かりました。
猿之助さんのおとく(「京人形」の女房もおとくだよね)は、ちょっと動きが大きすぎるかなという箇所はありましたが、気持ちがいいほどのひたむきさと闊達さで、全身全霊で演じていることが伝わってきました。
我當さん休演により、将監は彌十郎さん。生真面目で頑固だけど、根底にはあたたかさのある師匠でした。
また、竹三郎さんの将監北の方の細やかな演技にも注目しました。
壱太郎さんの修理之助には、ほんとは兄弟子の又平を労わりたいけど、今はそうしてはいられないという切ない気持ちが感じられました。
今回は不思議なことに、もう死のうと決意する悲しい場面よりも、又平が土佐の名字を与えられて喜んでいるところに涙があふれて止まらなくなってしまいました。
これまでの苦労が一気に晴れたような、又平夫婦の表情がとても良かったからかもしれません。
そして、又平に厳しく接しながらも、将監と奥さんは、又平が土佐の名字を名乗る時のためにあの着物や裃を用意していたんだなあ…と思うとまた涙…。
又平夫婦が花道を去るラストシーンまで、温かさのこぼれるような、いい一幕だったと思います。

昼の部は以上ですが、気が付くと、「口上」以外は全部超常現象を描いたものでした!(笑)
まあ、歌舞伎はだいたい半分くらいは超常現象ものだと思いますが。

…と、いつもならばここで終わりなんですが、今回は幕見で夜の部の「曽根崎心中」も見てきました。
これまで、文楽の幕見は時々してきたんですが、歌舞伎では初めて。
松竹座は三階席の一番後ろでもすごく見やすいので、幕見でも大いに楽しめました。
さて、今回の「曽根崎心中」は、昨年、一世一代でお初をつとめられた藤十郎さんがアンコールに応えてもう一度演じられる、しかも息子の鴈治郎襲名の機会に!という記念すべき公演。
私は藤十郎さんのお初は初めて見ましたが、記念だからといって変に気負ったところは一つもなく、自然な、可愛らしいお初でした。
とくに「徳さま~」と言って徳兵衛(鴈治郎さん)に抱きつくところがめちゃめちゃ可愛い!
けれど、そればかりではなく、愛情の強さや恋の激しさを十二分に表現していたと思います。
鴈治郎さんの徳兵衛には、若者の苦悩や嘆きを感じました。
今現在の鴈治郎さんではなく、若者・徳兵衛の感情で演じているんだな~と感心しました。
敵役の九平次を演じるのは扇雀さん。
こんなに男っぽい役を演じる扇雀さんは初めて見たような気がします。いや~、色気あったな~。
下女お玉の寿次郎さんは三枚目なところがとても可愛かったです。

「曽根崎心中」は、言わずと知れた近松門左衛門の作品ですが、戦後に宇野信夫先生が脚色・演出を担当されたことで、近松の原作の良さを生かしながらも、随所に現代風なニュアンスが薫る、新鮮な魅力のある作品だと思いました。

今回も一応、藤十郎さんの「一世一代」となっておりますが、番付のインタビューでは、機会があればまたお初を演じたいとのこと。
本当にみずみずしいお初でしたので、ぜひぜひ、これからも演じていってほしいなと思っています。

おまけ:今月も着物で行ってきました。
おめでたい襲名披露ということで、松竹梅と鶴の柄です。
kimono2015.2
先月、「落ち着いた色合いも挑戦していきたい」と書いたにもかかわらず、「落ち着き?何それ?」みたいな色合いですが(笑)小物はピンクやオレンジや赤にせず、一応、ベージュの帯締めと、白に近いクリーム色の帯揚げにしました。
スポンサーサイト