京都国立博物館「桃山時代の狩野派」
年が明けて初めて博物館に行ってきました。
最近、印象派展など似たようなものが多いので展覧会はちょっと敬遠していたのですが、今回は日本の歴史を彩った美術、しかも狩野派を見られるというので、喜び勇んで見てきました。
だいぶ前ですが「狩野永徳展」を見たことがあるので、まるでその続きを見るような感じもありました。
その時に永徳の父親・松栄の絵を見たことがあるので、永徳の長男光信の絵を見て「そうか、光信はおじいさんに似たのね!」と思ったりして(笑)。
桃山時代の狩野派の絵を見て感じたのは、昔の日本人は大変おしゃれだったということ。
襖絵の構図の大胆さもそうだし、画中の人物の着物もすごくおしゃれ。
障壁画というときらびやかなイメージがありますが、絵には繊細な描き込みがあり、けばけばしくならないところもおしゃれです。
狩野派は初期の頃の豪壮さから、後期は江戸幕府の影響を受けて、抑制の効いた瀟洒なものになっていくのですが、岩の表現はなぜかずっと一緒で、そこに永徳らの世界観を貫いて行こうとする狩野派の心意気を感じました。
私はいつか宝塚でこの時代の絵師を描いた作品が見たいなと思っているのですが、この展覧会を見て、永徳の愛弟子・狩野山楽の生涯はなかなかドラマチックでいい芝居になるのではと思いました。

この機会に、新しくできた平成知新館にも行ってきました。
heiseichisinkan
新しくてきれいなのはもちろんですが、広い!とにかく広い!!
前の建物の時の常設展で見た物もあると思うんですが、かなりの量の展示でした。「美の殿堂」と自ら名乗るだけのことはあります。
特別展を見た後でちょっと疲れてましたので、今回は1階部分をじっくり見て、2階・3階はまた今度見ることにしました。
秋に琳派の展覧会があるので、その時にしようかな。
スポンサーサイト