奈良国立博物館「白鳳 -花ひらく仏教美術-」
招待券を貰ったので、久々に奈良国立博物館へ行ってきました。

今回の「白鳳」展は、パンフレットを見た時から行きたいなと思っていたのですが、実際に行ってみて、やっぱり楽しかったです!
なにしろ、野中寺の弥勒菩薩や深大寺の釈迦如来、鶴林寺の観音菩薩(通称あいたた観音)など、見たかった仏像がいっぱい!
あいたた観音には、昔、泥棒がこの観音様を壊して金箔を盗もうと思い、金づちで叩いたところ、観音様が「あいたた」と言ったので泥棒は驚いて逃げ出した…という話があり、腰の横のあたりが叩かれたように若干へこんでいるのですが、研究の結果、元は如来像の脇侍だったという説が出ているそうで、腰のへこみ(?)は単に脇侍の特徴とも言われています。
まあ、最初の説のほうが面白くはあるけど(笑)、間近で見て「現実的に考えて、脇侍かもなぁ~」と思っちゃったり(笑)。
今挙げた仏像は全部奈良以外の地域のものなのですが、この白鳳時代は、河内や出雲といった先進地域から九州、東国に至るまでハイレベルな仏像が残っており、財力的にも文化的にもすぐれた豪族が各地にいたこと、渡来人が日本各地に海外の情報をもたらしたことなどを物語っています。

また、法隆寺に伝わる様々な仏像や仏具も面白かったです。
地元に住んでいるのにけっこう知らないものがたくさんありました。
六観音とよばれる六体の観音様(というか菩薩?)のうち、文殊菩薩と普賢菩薩を見ましたが、髪形が他の寺院の仏像とは異なっているのが興味深かったです。

そして、地元・奈良の白鳳文化といえば、もう一つ、薬師寺です。
やはり、薬師三尊像と聖観音像は白鳳美術の最高傑作だと思います!
ほかにはない繊細な描写と、気品漂う姿には時を忘れて見入ってしまいます。
聖観音は草壁皇子の姿を写したとも言われていますが、私はその母である持統天皇の姿を感じました(28歳で病死した草壁皇子がモデルとは思えないほど体つきが健康そうに見えるというのも、理由の一つなんですが…(笑))。
なんとなく、持統天皇ってこんな顔だったんじゃないかな~と思います。
薬師三尊像からは月光菩薩が展示されていたんですが、3メートル強という大きさにも関わらず、この上なく優雅で清らか。
とくに纏った衣紋の流れが素晴らしく、ずっと見ていたいほどでした。

私の感想はダイジェストみたいなものですが、この「白鳳」展は、有名な仏像から、寺院の壁をかざった塼仏や錦など、そして、末期をむかえた古墳の出土品まで盛りだくさんで、さながら「白鳳のワンダーランド」でした!
興味がある方はぜひ見に行っていただきたいなと思います。
スポンサーサイト