「超高速!参勤交代」
某所で数日間「超高速!参勤交代」が安く見られるので行ってきました。
実は通常の公開中に「行きたいな」と思っていたのですが、「窓口でタイトルを言うのが恥ずかしい」…ってなってしまって、今ようやく見られたという、情けない経緯が…(だって、今回この作品しかやらないからタイトル言う必要ないんだもん)。

ともあれ、前代未聞!たった5日での参勤交代、かなりおもしろかったです。
まさか殿様(佐々木蔵之介さん)自ら走るとは!
しかも、飢饉による財政難のため、お供も最小限の7人、役人がいる宿場だけ人足を雇って行列(しかも予定の半分しか調達できなかったので、ある秘策を用いて、通常の人数に見せかけてました(笑))というケチケチ参勤交代。←まあ、通常の参勤交代でも、あんな行列は宿場や関所を通る時だけだったそうですが。
そればかりではなく、最短距離を行くために山の中も走ります!
謎の忍び(井原剛志さん)がいたとはいえ、これはかなり過酷でした(ロケも大変だっただろうな~)。
そのうえ、悪い老中(陣内孝則さん)の陰謀で幕府の隠密に命を狙われたり、もー大変すぎ!
そんな中でも、ちゃっかり遊女(深田恭子さん)と恋までしてしまう殿!
でも、この殿は気が優しくていい人だったな~。
百姓とも距離の近い、弱小な藩の生まれだったり、子供の頃のトラウマがあったからこそ、こういう、あったかい、優しい殿になったんだな。
(「星逢一夜」の晴興さんも、持ち前の優しさを発揮してれば一揆なんて起こらなかったんだろうな…。あっ、でも5日で参勤交代するはめになったりしたら、あの作品がコメディになってしまう(笑))
家臣たちも本当に大変な目に遭ったけど、親近感の湧くメンバーで、見ていてとても楽しかったです。
猿之助さんの吉宗はちょっと若いかなーと思ったけど、何だか二枚目チックで素敵。
続編があるという噂もあるそうですが、見たいような、大変だからかわいそう…と思ってしまうような…(笑)。
まあでも、とてもよくできた作品だったと思います。

P・S 今、ドラマの「一路」も見ているので、なんかそれも思い出してしまったな~。
スポンサーサイト