鞆の浦散策と薔薇の街・福山
先週、広島県の福山市に遊びに行ってきました。
お目当ては、学生時代から行きたかった鞆の浦と、今が見頃の薔薇。
福山は「薔薇の街」なんです。

福山の駅を降りると、さすがは薔薇の街!駅前から薔薇でいっぱいです。
fukuyama4
すごくいい香りです。

そこから、バスに乗って念願の鞆の浦へ。
fukuyama5
ホームページに「癒しの港町」と書いてあったのですが、本当に心がゆったりと癒されるところでした。
fukuyama3
レトロな街並みも素敵です。
「流星ワゴン」他、ドラマや映画の撮影もたくさんされているそうです。
fukuyama28
この灯籠は写真などで有名ですね。

そして、ここは歴史の宝庫でもあります。
船が帆船だった時代、海を吹く風と潮の満ち引きによって船を進ませたわけですが、船が海へと向かう引き潮を待つ「潮待ち」の港として栄えたのがこの鞆の浦(潮待ちの間に積み荷の取引もあったと思われますし、船員たちが休息の間に遣うお金も街を潤したことでしょう)。
戦国時代には、鞆城という毛利氏の城がありました。
写真は鞆城跡から見た鞆の浦の景色です。
fukuyam2
鞆城は現在、石垣の一部しかありませんが、毛利氏をたよって来た室町幕府最後の将軍・足利義昭が北の丸に住んでいたと言われています。
経済的な発展をとげた鞆の浦は、さすがに神社も立派です。
fukuyama1
この写真では見えにくいかもしれませんが、門の奥にすごい階段があり、その上に豊臣秀吉ゆかりの華麗な社があります。
また、幕末には、坂本龍馬の海援隊の船と紀州藩の船が激突した「いろは丸事件」もあり、龍馬は鞆の浦で薩摩藩士・五代才助(のちの友厚。そう、「あさが来た」で有名になった「五代さま」です!まさかここでその名前を目にするとは。)の仲介を得て交渉を行いました。
fukuyama26
この家、「枡屋」は坂本龍馬が隠れ住んでいた家で、隠し部屋の見学もできます。
また、現在はオシャレな雑貨屋さんでもあります。
ちなみに隠し部屋はこちら。
fukuyama25
これだけだと普通の部屋に見えますが、当時は一階の天井にあけた穴から梯子で上り下りし、梯子がないと誰も気付かないような部屋だったそうです。

翌日は、福山市内で薔薇を見てきました。
最初は薔薇公園へ。
fukuyama6
戦後、この公園に薔薇を植え始めたのが「薔薇の街」の始まりだそうです。
薔薇のアーチも綺麗。
fukuyama14
この紫色の薔薇は「福山城」という名前です。
fukuyama8
こちらは「薄墨」。すごく日本的な色の薔薇だな~。
fukuyama12

fukuyama9

fukuyama13
ここの薔薇だけでも「一生分の薔薇を見た」と思うくらいなんですが、もっとすごいのが近くの緑町公園にありました。
fukuyama11
ご覧のとおり、すごい規模の薔薇の花壇です。八角形で、ゆるーい坂をぐるぐる登っていく形になっています。
ここには「音楽」や「有名人の名前」など、テーマ別にいろんな名前のバラが植えられています。
いっぱいありすぎて、どれがどんな名前かは忘れてしまいましたが(笑)、美しい薔薇をご覧ください。
fukuyama16

fukuyama17

fukuyama18

fukuyama19

fukuyama20

fukuyama21

fukuyama22
おまけ。
バラ公園と緑町公園の間にも小さな公園があるんですが、入り口のアーチの透かし彫りも薔薇です!
ちょうど影が映っていたので撮ってみました。
fukuyama24

旅の最後は、帰りの新幹線が来る前に駅から撮った福山城です。
fukuyama23
帰る前に石垣の下までは行ったんですが、暑くて辿り着けなかったので、駅からこのアングルで見れてよかったです。
スポンサーサイト