船乗り込み
七月大歌舞伎を前に、毎年恒例の船乗り込みがあります。
ずっと行きたいなと思っていたんですが、今年初めて行くことができました。
今年はあいにくの雨。しかも、八軒家浜から役者さんが乗り込んだ辺りから大雨(難波の戎橋で生中継してました)。
2時過ぎから戎橋で待ってたんですが、着くのは3時40分頃とのこと。
近くで買い物をしたりして待った後、戎橋の下のとんぼりリバーウォークに行って到着を待ちました。
その間に、松竹座の案内係のお姉さんから紙吹雪やテープをもらったので、近くにいた人と分けてスタンバイ。
funanorikomi1
funanorikomi3
紙なので、雨にぬれないようにするのが大変…。
生中継を見ていて分かったんですが、お姉さんたちはかなり遠くまで配りに行ってたみたいですね。ごくろうさまです。
40分になって、船で演奏している鳴り物の音はするものの、船はなかなか現れず、4時前になってようやく到着しました!
真ん中にいるのが今回襲名披露される五代目雀右衛門さんです。
funanorikomi2
(人がたくさんいるので、顔が写りにくいように少し小さめにしています)
船着場のすぐ前にいたので、役者さんたちがめちゃめちゃ近くて緊張してしまいました。恥ずかしくて目を合わせられない!
でも手を振ったり、紙吹雪を撒いたりしましたよ。紙テープはあんまり上手に投げられなかったけど…。
あ、あと「鴈治郎さんが手を振り返してくれた」「亀鶴さん、近くで見る方がかっこいいな」とか思ってた(笑)。
テレビや新聞の撮影が終わって、役者の皆さんが船から降りてこられるんですが、その時に贔屓の種之助さんも間近で見られてよかった!(でも緊張した)
その後、松竹座前で花束贈呈と式典がありました。
船には乗ってこられなかった藤十郎さん・竹三郎さん・秀太郎さんのベテラン勢にもお目にかかることができて感無量です。
橋之助さんと次男の宗生さんもいたのですが、後ろにいたおっちゃんが「あの端におるのは橋之助のとこの坊主や」と言っていて、「友達の子どもかいっ!」と思わずつっこみたくなっちゃいました(笑)。
まあ、こういう親近感が大阪のノリなんやけどね。

雨で指の腹がシワシワになるくらいでしたが、見に行けてよかった。
来年は晴れたらいいな。
スポンサーサイト