舞台「真田十勇士」
何だか最近、このブログに「真田」の文字が多くなっているような気がしますが(笑)、先週、舞台「真田十勇士」を見てきました。
話の内容は先月見た映画版とほぼ同じなんですが、映画版でダイジェストのようだった前半部分が比較的きちんと描かれていて、十勇士それぞれに親近感が持てました(佐助たちにツンケンするくせに、実は仲間に加えられたくて密かに剣術を練習する海野六郎のエピソードはなかなかよかったな)。
そして、映画以上に動く動く!ものすごい速さの立ち回りの連続です。
しかも、あっちこっちでいろんな戦い方をしているので目が忙しい。
歌舞伎俳優の勘九郎さんが出ているので、歌舞伎風の立ち回りも。
大迫力で、思わず「中村屋!」と声をかけたくなるくらいだったんですが、山口馬木也さんがすかさず「中村屋!」と(笑)。ちなみに、勘九郎さんは「まきや!」と声をかけてました(笑)。
馬木也さんも歌舞伎の立ち回りが上手かったな。
勘九郎さんの猿飛佐助はお茶目な笑顔が可愛い。
笑いながらアドリブを発したり、セットをぴょんぴょんと飛び越えたりする軽やかさは、歌舞伎の時とはまた違った魅力があります。
その一方で、「どうせなら一世一代の大嘘をついてやろうぜ」という痛快な姿には、歌舞伎で培ったスケールの大きさも感じられました。
映画では由利鎌之助を演じた加藤和樹さんが、今回は霧隠才蔵を演じています。
イケメンな上にすごくいい声で、ハッキリした台詞回し。
その声で真面目な顔しておかしなことを言うのでよけいに爆笑!
また、加藤くんは新進気鋭のミュージカルスターであるため、最初の出では「最後のダンスはオレ~のもの~」と歌ってました(なんでトート閣下やねん(笑))。
ただ、宝塚やミュージカルと微妙に客層がかぶっていないのか、半分くらいしか笑い声が聞こえなかったけど(笑)(歌舞伎や映画のファンとか、この劇場によく来る人とかが多いのかな。私の両隣のおねえさんたちも最初は「?」という反応で、勘九郎さんがアドリブで「ここ帝劇じゃないんだから」と言ったところでようやく笑うという感じでした)。
忍びの仙九郎(石垣佑磨さん)との空中戦は面白かったな。
紗幕に映し出された雲の映像と宙乗りであんなふうに見せられるんですね~(それにしても、石垣さんはいつ出てきても逆さの宙吊りで大変だな(笑))。
もうひとり、映画と舞台で違う役を演じている村井良大さん。
映画での海野も印象的でしたが、小柄でチョコチョコ動く感じがヘタレな甚八にぴったり。
途中で、この物語は幸村の心の成長と同時に甚八の成長も描いているということに気がつきました。
ラストには勇気を持ってあのような秘策に打って出る、その過程もちゃんと見えてきました。
もう一つの役である豊臣秀頼は品よく、まったく違う雰囲気で演じていたと思います。
配役のおもしろさといいますか、同じ元AKBでも個性の違う二人が映画と舞台で同じ火垂という役を演じています。
舞台ではマリコ様こと篠田麻里子さん。(映画では大島優子さん)
いかにも忍びらしい蓮っ葉な台詞と、長身でスタイル抜群のかっこいい姿が印象に残りました。
また、短時間でしたがキレのいいダンスも披露してくれました。
駿河太郎さんと荒井敦史さんの三好兄弟は映画以上にオトボケで可愛かった。九度山でイノシシ背負ってくるのも面白かったな(笑)。
淀殿(茶々)の浅野ゆう子さんは、代表作「大奥」での大迫力の演技を彷彿とさせるキリリとした風情。
加藤雅也さんの真田幸村との場面は、どこのトレンディドラマやねんという配役ですが(笑)、哀しみをたたえた大人の芝居だったと思います。
そしてその加藤さん、最初のヘタレ具合はコミカルで可愛らしく、そこから大坂の陣で戦いを経験したことにより、勇気を持ってまっすぐ突き進み、最後、死にゆく時にはちゃんと「殿」と呼びたくなるような英雄ぶりだったと思います。
ラストは映画と一緒なのですが、映画版を見た時から、これが「プリンセストヨトミ」につながるんやなと勝手に思ってます(つながりません)。
映画のメンバーも良かったし、舞台のメンバーも良かったので、このメンバーでまた何かできないかな~と思います。
スポンサーサイト