中村勘九郎・中村七之助 錦秋特別公演
文楽を見た翌日は歌舞伎でした(このタイミングでしか見に行けなくてねぇ…。そしてまた疲労する)。
京都のロームシアターで「中村勘九郎・中村七之助 錦秋特別公演」を観てきました。
久々の歌舞伎、楽しかった~。
ロームシアターは始めて行きましたが、外観は古いものの(けど、それがいい味を出している)、内装は大幅に改装されたらしく、きれいでトイレも多くて便利。
ただ、客席は飲食禁止なのに、ロビーには飲食できるような椅子等がほとんどなくて、物を置くところもないような場所で立って食べなければいけないのは不便ですね。

それでは、プログラムの順に紹介していきます。
まず最初は「歌舞伎塾」。
これは初の試みで、歌舞伎俳優の楽屋での準備の様子、立役・女形が出来上がるまでを舞台の上で見せ(分かりやすいようにスクリーンに映したりもします)、そこに歌舞伎の囃子方さんと若手役者さん、お客さんの有志による舞台での効果音の実演や勘九郎さん・七之助さんのトークや質問コーナーも盛り込んだもの。
トークと質問は例年「芸談」というコーナーで行っていたのですが、時間が短くて、なかなか質問に答えられなかったり、お客さんと触れ合えなかったりするのが残念ということで、準備の様子を見せながら、時間を多く取って行うことにしたそうです。
今年は南座の工事で歌舞伎鑑賞教室がなかったので、ここでこういった演目を見られてよかったな。
楽屋入りから本番の踊りまでの様子を見せるのは中村屋一門のいてうさん(そのまま「いてう」と読まずに「いちょう」と読みます)と鶴松さん。
ひげを剃ったり、びんつけ油で眉毛を消したりというところから、化粧をしたり衣装をつけたりするところまで(衣装部さんや手伝う他の役者さんも出てきます)、勘九郎さん・七之助さん、そして、司会を務める澤村國久さん(勘九郎さん・七之助さんの伯父である澤村藤十郎さんのご一門ですね)の楽しいトークを交えながら進んでいきます。
國久さんの話しかたは、ハキハキしたところやどこか愛嬌があるところなどが澤瀉屋の市川猿四郎さんに似ている気がします。
途中から中村屋最年長の小三郎さんも参加して、テンション高く(笑)、若々しく、見得の説明などをされていました。
また質問コーナーも行われ、先日行われた叔父の芝翫さん襲名披露公演で行われた口上でのこしらえについて(女形が多い七之助さんも立役で出ていたけれど、口上の時に立役と女形、どちらの姿で出るかはどうやって決めるのか?)や、嵐ファンでもある方から、嵐のライブの松本潤さんのソロの場面で使用された、亡き勘三郎さんをはじめとする中村屋一家の映像についての質問がありました。
まず、口上については、女形の姿での口上は六代目歌右衛門さんが考案したものだというお話が。
それまでは女形も口上の時は立役のこしらえで出ていたそうで、現在は、真女形(女形専門の役者)が立役の鬘で出るのはちょっと恥ずかしい…と思う場合に女形のこしらえで出演されるそうです。
もう一つ、口上について、中村屋と成田屋で60年に一度だけ行う口上があるとのこと。
そして、その60年に一度がもうすぐ来るそうです。(わーい!)
ちなみに、なぜ中村屋と成田屋かというと、江戸時代、中村屋は座頭(劇場主)、成田屋は看板役者だったからだそうです。
元々は二人で口上を行ったそうですが、勘九郎さんから「私たち(兄弟)は二人で一つですので、海老蔵さんと三人で」との言葉が。
とても弟思いで優しい勘九郎さんに思わず感動してしまいました。
また、嵐の松本さんのエピソードも感動的。
勘三郎さんだけではなく、蜷川幸雄さんなど、お世話になった方々の映像も出てきて、ライブ会場は涙・涙だったそうです。
もちろん、映像の使用にあたって勘九郎さん・七之助さんへの事前報告があり、松本さんが亡き勘三郎さんを今でも慕い、思い出してくれることにとても感謝しているとのことでした。
そして、いてうさんと鶴松さんの拵えが出来上がったところで、「草摺引」の踊りへ(その前に衣装や化粧についても色々と解説があり、分かりやすかったです)。
舞鶴を演じる鶴松さん、立派になったな~!
あの小さかった子役さんがこんなに素敵な女形の姿を披露してくれて感無量でした。
役としても、女武者のキリリとした風情にあふれていて良かったです。
いてうさんの曾我五郎は、持ち味である闊達さが生かされ、踊りもきびきびとしていて、スカッとした雰囲気があります。
そしてやっぱり、師匠の勘三郎さんの踊りを思わせるようなところがあって、ちょっと鼻の奥がツンとなってしまったなぁ…。

二部と三部は七之助さん、次いで勘九郎さんの踊り。
七之助さんは「汐汲」、勘九郎さんは「女伊達」をそれぞれ披露。
「汐汲」は、玉三郎さんと七之助さんが踊った「二人汐汲」は見たことがありますが、単独なのは初めて。
改めて、こういう踊りだったのかと認識しました。
一人で踊ると、切なさや思いを込めた踊りだというのがよりよく分かりますね。
後半は三段の傘を使った華やかな踊り。
愛した人をしのぶ海女の心情を踊る舞踊がこういう華やかな形に変化していくのも、歌舞伎舞踊の醍醐味だなと思いました。
「女伊達」は、江戸の吉原の桜の頃を背景にした、華やかで楽しい、大好きな舞踊です。
松竹座で片岡孝太郎さんたちが踊ったのを観ましたが、またちょっと雰囲気が違うようにも感じました。
勘九郎さんの女形が色っぽくてオドロキ!
立っているだけでも女の感じが出ていると思います。
男たちにふっかけられた喧嘩をあしらう振りがお洒落で楽しく、もっと見たいと思ったくらいでした。。
「草摺引」も含めて三曲とも歌舞伎初心者の方でも分かりやすく、なおかつじっくりと見ることができる演目で、なかなかよかったです。
それと、今年は関西の歌舞伎の興業が少なくて淋しかったので、この公演があって嬉しかったです。
来年以降、もっと歌舞伎をやってほしいな~。
来月は先斗町歌舞練場での顔見世を観に行きますが、南座の耐震工事も無事に終わってほしいですね。
スポンサーサイト