二月花形歌舞伎
嬉しいことに、今月も大阪で歌舞伎を観ることができました!(余談ですが、私のPCでは「おおさか」と打つとまず最初に「大坂」と変換されます。江戸時代か!(笑))
今月は若手が大活躍の花形歌舞伎です。

まずは昼の部。
最初の「渡海屋」「大物浦」は、幕開きから當十郎さん、鴈之助さん、扇之丞さんら、上方を代表するベテランのお弟子さんたちが出ていてちょっとびっくり。これは若手も張り切らずにはいられないでしょう。
最初は世話物的な場面で、若手にはまだちょっと難しいのかなと思ったんですが(世話物は人生経験が出てしまうから難しいんだろうな~と思った)、話が進むにつれて、彼らの著しい成長ぶりを感じました。
ほんと、みんな存在感が増したなあ。
その中でも、やはり経験値が物を言うのか(上方は江戸に比べて人数が少ないこともあるからか、若手やお弟子さんたちにも活躍の場が回ってきます)、典侍の局を演じる壱太郎さんは落ち着いていて上手いなと感じました。
松也さんの知盛は、芸としてはまだこれからなのかもしれませんが、感情がストレートで、死へと向かう気持ちが生々しいほどリアルに伝わってきます。
あと、やっぱり「昨日の敵は今日の味方」というセリフは泣かせるなあ。
総体的に、一人の人間としての面がよく出ていた知盛でした。
新吾さんの義経もよかった。
義経役は御大将の品格が必要とされるため、感情を表に出さず、歩くスピードや体の向き、顔の角度などで気持ちを表現しなければならないので難しいと思いますが、控えめな表現の中に哀感が漂うところが良かったと思います。
歌昇さんの弁慶は、隈をとった顔が伯父の歌六さんによく似ています。
どちらかといえば小柄な歌昇さんですが、挑みかかる知盛から義経を守ろうと立ちはだかるところには大きさを感じました。

「三人形」は、とても華やかで楽しく美しい舞踊。
若衆・傾城・奴の人形に魂が入って動き出すという趣向なのですが、まさに木目込み人形のような三人の姿をほのぼのと見られる演目でした。
梅枝さんの若衆。
立役の梅枝さんはあまり見たことがなく、大股で歩いていることにさえびっくりする始末(笑)。
けれど本当に美しく、色気があって見とれてしまいます。
新悟さんは今まで御殿女中のような役が似合うイメージが強かったので、傾城で艶やかに微笑みながら踊る姿が新鮮でした。
そして、種之助さんの奴。彼はこういう役がホントによく似合う!
闊達で明るく、また、足拍子やジャンプ力もすごい。
粋な奴さん、また見たいなあ。「供奴」とかやってほしいな。

夜の部の初めは「祇園祭礼信仰記」通称「金閣寺」。
私にとっては念願の「金閣寺」です!
映像では見てたけど、ずっと前から生で見たいと思ってたんですよね。
桜や金閣寺のセットが美しいし、物語も凝っていて面白いし、本当に楽しかった!
又五郎さんの大膳はさすが!「国崩し」に相応しい大きさや余裕すら感じられて、華やかで重厚感ある世界を作り出していました。
そして、雪姫の梅枝さんの美しいこと!
直信(壱太郎さん)とは美男美女カップルで、一緒に出てくるところは少ないんですが、なんて見目麗しいんだと思いました。
また、美しいばかりではなく、意志の強さも感じさせて好演でした。
ところで、雪姫は独身ではないんですが、振袖を着ています。まだ子どもがいないからかな。新婚っぽいし。
歌昇さんは久吉が実によく似合う!碁盤を手にしての見得は迫力がありました。
颯爽とした二枚目、捌き役が彼のニンなのかも。
いつか「石切梶原」や「実盛物語」をする日が来るのかな。来てほしいな。
右近さんの鬼藤太。
今回の右近さんは立役ばかりなので美しい女形が見られないのは残念と思っていたんですが、はじけるような勢いはとてもよかった。
そういえば「ワンピース」のマルコもよかったんだよね~!と思い出しました。
種之助さんは化粧の地色のために顔が小さく見えてしまったのは残念でしたが、若くても大人の役をきちんとこなせていたと思います。
とくに大膳と久吉の碁を見ているところがとてもよかった。
幕切れは又五郎さん・歌昇さん・種之助さんの三人で、「わ~、家族や~!」と思って喜んでしまった(笑)。

大切りは「連獅子」。
親獅子は松也さん。
以前南座で見た時は仔獅子だったので(何年前か忘れてたのですが、今調べたら7年前でした)、親獅子の役になったことにちょっと感動。
こういうのも役者が一生をかけてやっていく歌舞伎の醍醐味だなと思います。
さて、松也さん、若いにもかかわらず父親の情愛をにじませて好演。
毛振りにも「さあ、ついてこい!追い越してみせろ!」という気持ちが感じられます。
仔獅子は右近さん。
松也さんとは年が近いので、親子に見えるように、いつもより子供らしさを出していたのではないかと思います
右近さんは24歳ですが、15歳くらいのイメージでやっているように見えました。
もちろん、得意の舞踊も素晴らしく、所作板を大きく踏み鳴らす気迫にも圧倒されました。
間狂言の宗論に出てきたのは玉雪さんと國矢さん。 
國矢さんの最近の活躍ぶりはめざましく、いつも嬉しく拝見しています。
今回も闊達でコミカルな可愛らしさが生きていました。
玉雪さんはコミカルさの中にもどことなく品があり、やはり先輩らしさがありました。

P・S 今回は午前の部・午後の部ともに、開演前に役者さんの挨拶があり(先月の浅草歌舞伎からの流れでしょうか)、午後の部は松也さん、午前の部は新悟さんでした。
どちらも作品の解説、イヤホンガイドと番附(プログラム)の宣伝(笑)などが主なのですが、新吾さんはイヤホンガイドとプログラムの実物を持ち込み、松也さんは自分の出番の宣伝もぬかりなく(笑)、なかなか楽しい挨拶でした。
スポンサーサイト