春の心は…
今日はちょっと寒かったけれど、昨日あたりから桜がようやく咲き始めました。
標準木がまだ咲いていないのか、咲いても1輪くらいなのか、奈良県にはまだ開花宣言は出ていませんが、ともかくも春になったのだなと思います。
それにしても、「世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」とは、業平さんもよく言ったものですね(言ったというか詠った?)。
桜に関して、日本人が1000年間ほぼ同じ気持ちで接しているというのも、なかなかすごいことではないかと思います。
他の国でも(たとえば、日本から贈られた桜で有名なアメリカのワシントンあたりでも)こう思うことってあるんでしょうかね。一度インタビューしてみたいかも(笑)。
スポンサーサイト