4月文楽公演 昼の部
風邪で2日ほど臥せっておりましたが(でも熱は出てなかった)、今日から復活します。

13日に文楽を見てきました。
今回は豊竹呂太夫さんの襲名披露です。
開演前、ロビーに呂太夫さん本人がいらっしゃってびっくりした~!

まずは襲名を祝う「寿柱立万歳」。
「漫才」ではなく「万歳」。三河万歳に代表される昔の門付芸で、太夫と才三(この二人が今の漫才でいうボケとツッコミです)が、「たくさんの柱を立てて、それを神様に見立てて祝おう」という意味の歌を歌います(そういえば神様の数え方は「柱」ですね)。
万歳ということで、お正月に見た三番叟よりはくだけた雰囲気で、江戸時代の雰囲気がよく出ていたと思います。

そして、「菅原伝授手習鑑」。
文楽を見始めた時からぜひ観たいと思っていた、念願の「菅原」です!
今回上演されたのは物語の中盤~後半。各段それぞれに名前がついていますが、歌舞伎でいうと「賀の祝い」と「寺子屋」の場面ですね。
忠と孝との狭間で翻弄される三つ子の兄弟の悲劇。彼らの父である白太夫の苦しみ(文楽は特に老人の嘆きが胸に迫りますね)。三人の嫁たちの困惑と嘆き。
文楽を見ていて、こんなに「あっという間」と思ったことはなかったんじゃないかと思うくらい入り込んで見ていました。
特に、「寺子屋」は、こんなに悲しい、こんなに辛い話はないと思うのに、なぜか胸を打ちます。
本当は誰もこんな酷いことはしたくないのに、しなくてはならない、その気持ちが心に迫ってくるからだと思います(それはひとえに、太夫・三味線・人形、それぞれからあふれ出る気迫のおかげです)。
また、寺子たちの愛らしさやおかしみがこの悲劇を緩和してくれると共に、健気な小太郎の短い人生を浮かび上がらせます(同じくらいの年の子が…と思うと切ない)。
「菅原」を解説した本を持っているのですが、前半も良い場面がたくさんあるので、次は通し狂言で見たいな~!

「寺入りの段」の前に行われた襲名口上も面白かったです。
呂太夫さんの師匠・越路太夫さんを「文楽で最も恐ろしい」と評したり、海外公演で行ったリオデジャネイロのイパネマ海岸で呂太夫さんがこんがり小麦色に焼けていたという話を披露したり(笑)。
真面目そうに見えるけど、文楽の方たちって実はけっこう面白い?
スポンサーサイト