やじきた
ずっと周回遅れのレポばかりでしたが、やっと今月の話題に入ります。
といっても、月初めの頃の話ですが…(笑)。シネマ歌舞伎「やじきた」見てきましたっ!
私にとっては初めてのシネマ歌舞伎。
歌舞伎を映像で見たらどうなるんだろうと思っていましたが、拍手ができないことを除いて(舞台を観る者の癖なのか、シネマ歌舞伎に限らず素晴らしい映画を見ると拍手したくなるんですよね…)、とっても楽しかった!でも、やっぱり生の舞台が見たくなりました(笑)。

ドリフっぽい場面があったり(猿之助さんが「志村じゃねえよ」と言ってた(笑))、ラスベガスまで行っちゃったりと奇想天外な「やじきた」。
染五郎さんと猿之助さんという、才能と才能のぶつかり合い、アイディアとアイディアのぶつかり合いにワクワクしました。
この二人、笑いにかける気持ちもすごくあるんですよね(笑)。
そこに加えて獅童さんです。演技のハチャメチャぶりに大爆笑!(無事に退院されてほっとしています。また楽しい舞台を見せて下さいね)
夏休みならではといいましょうか(上演されたのは去年の8月)、金太郎さんと團子さんも大活躍!
二人とも、とっても可愛かった!
團子さんの台詞回しがお父さんの中車さんによく似ていてびっくり!
上は寿猿さん、竹三郎さんから、下は子役ちゃん(金太郎さんよりももっと年下の子が出ています)まで、皆生き生きとしていて、演じる方も見る方も「やじきた」ワールドを満喫できた感じでした。
今年の夏も歌舞伎座で「やじきた」第2弾があります。
生では見れないけど楽しみだな~!(またシネマ歌舞伎で見る?(笑))
スポンサーサイト