花戦さ
さぁ、「やじきた」に引き続いて、映画「花戦さ」の感想も書いていきましょう(ちなみに、この映画にも猿之助さんが出演。狙ったわけでもないのに、なぜか猿之助さん特集に…(笑))。

野村萬斎さんが演じる主人公・池坊専好は、どこか「のぼうの城」の主人公・のぼう様を彷彿とさせる人。
それは、同じ人が演じているからというのではなく、一見ふわふわとした中に、一筋の信念が感じられる点が似ているから。
その信念は、ただ「岩にかじりついても己の道を貫く」というだけではなく、もっと人への思いにあふれた信念。
私は流派が違うので池坊の詳しいことは分からないんですが、専好らが仏に花を捧げてこの世の幸せを祈り、花を通して人々の心を救済する「花僧」であることが、自身をただの怒りだけではない「救済の戦さ」に向かわせたのだと思います。
専好は「私は執行に向いていない」と泣くこともあるのですが、命を賭して秀吉に立ち向かう姿に「彼は紛れもなく執行だ」と思わせるものがあり、感動しました。
それにしても、中井貴一さん、佐藤浩市さんというすごいキャスティングでこの映画を見ることができたのは幸せでした。
中井貴一さんは少ししか出てこなかったのですが、短気で怒りっぽい半面、文化を愛する深さも持ち合わせる信長で、話の重要な伏線をつくっていたと思います。
佐藤浩市さんが利休というのはなかなか意外なキャスティングでしたが、信長の茶頭であった頃の、まだ商人の面影を感じさせる闊達さ(「~さしてもらいまっさ」という大阪弁が上手い)、そして、秀吉の不興を買い、その悩みの中で、奥深く思考の内に沈んでいく姿に、単に悲しみだけではない、利休独特のものを感じました。
そして、猿之助さん。
この方は映画では舞台とはまた違ったオーラを発揮するんだなぁ~といつも思います。
一つ一つの表情、セリフに、非常に細かく「何か」を感じさせてくれるんです(その「何か」はストーリーや役柄によって違うんですが)。
ちょっと浅はかなところもあるけど陽気な男だったのが、権力を持つにつれ、自分のことしか信じられなくなっていく秀吉。
その孤独からくる憎しみのエネルギーがすごい。
幼い子の首まで刎ねたりとショッキングなところもありますが、そのまなざしに、非常に暗い、哀しいものが感じられます。
だからこそ、最後にお館様を思い出し、笑うことができたのは良かったなと思います。

演出で良かったのは雨。
利休の首が晒された時のあの悲しさは、間違いなく雨がふっていたから。
雨によって、理不尽な世界を嘆く専好らの気持ちがより伝わってきました。

P・S それにしても、旅に出たっきりの方はどうなったのでしょう?
やじきた
ずっと周回遅れのレポばかりでしたが、やっと今月の話題に入ります。
といっても、月初めの頃の話ですが…(笑)。シネマ歌舞伎「やじきた」見てきましたっ!
私にとっては初めてのシネマ歌舞伎。
歌舞伎を映像で見たらどうなるんだろうと思っていましたが、拍手ができないことを除いて(舞台を観る者の癖なのか、シネマ歌舞伎に限らず素晴らしい映画を見ると拍手したくなるんですよね…)、とっても楽しかった!でも、やっぱり生の舞台が見たくなりました(笑)。

ドリフっぽい場面があったり(猿之助さんが「志村じゃねえよ」と言ってた(笑))、ラスベガスまで行っちゃったりと奇想天外な「やじきた」。
染五郎さんと猿之助さんという、才能と才能のぶつかり合い、アイディアとアイディアのぶつかり合いにワクワクしました。
この二人、笑いにかける気持ちもすごくあるんですよね(笑)。
そこに加えて獅童さんです。演技のハチャメチャぶりに大爆笑!(無事に退院されてほっとしています。また楽しい舞台を見せて下さいね)
夏休みならではといいましょうか(上演されたのは去年の8月)、金太郎さんと團子さんも大活躍!
二人とも、とっても可愛かった!
團子さんの台詞回しがお父さんの中車さんによく似ていてびっくり!
上は寿猿さん、竹三郎さんから、下は子役ちゃん(金太郎さんよりももっと年下の子が出ています)まで、皆生き生きとしていて、演じる方も見る方も「やじきた」ワールドを満喫できた感じでした。
今年の夏も歌舞伎座で「やじきた」第2弾があります。
生では見れないけど楽しみだな~!(またシネマ歌舞伎で見る?(笑))
まおちゃん…
海老蔵さんの奥様・小林麻央さんが亡くなられました。
昨日、新聞で知った瞬間、何も言葉が出てきませんでした。
最愛の妻・母を失った海老蔵さんと子どもたち、娘に先立たれたご両親、大切な妹を失った麻耶さんの気持ちを思うと胸が張り裂けそうになります。
今はただ、海老蔵さんが会見でおっしゃった「麻央は皆様のそばにいます」という言葉を信じ、彼女がみんなにくれた勇気や希望や愛を思いながら過ごしたいと思います。
快慶
またまた周回遅れなレポでごめんなさい。
今月4日まで開催していた、奈良国立博物館の「快慶」展を見てきました。
運慶と並び称される仏師・快慶(この二人は兄弟弟子です)。
その作風は端正で、この上なく優雅、静謐。
私が見たいと思っていた僧形八幡神像もそのライン上にあります。
しかし、そればかりかと思うとそうではなく、執金剛神像などはあの時代らしい躍動感があります。
もう一つ、面白かったのは、作風のみではなく誰の発願で仏像をつくったかということ。
快慶も最初の頃は後白河法皇など上流階級の依頼を受けて作っていましたが、しだいに、様々な人々がお金を出し合って依頼した仏像を作っていくようになります。
そうなると、仏像は小さくなり、量産というか数が多くなるんですが、(雑になるというのではなく)仏像の衣の表現などに作風の変化が現れてきます。
たくさん作るうちに「ここはこうした方がいい」とか「仏様の姿をもっと繊細に表現したい」という気持ちになったのかなー(笑)。
そして、発願する人々の変化(というか増加?)は、仏教が上流階級だけのものから庶民へも広がっていった平安末期~鎌倉初期をリアルに感じさせてくれます。
その時代の中に生き、自らも篤い信仰心を持っていた快慶は、人々の心の安らぎのために、あのように静謐な魅力を持つ仏像を作ったのかもしれません。
嬉しかったこと
ここ最近、歌舞伎界で嬉しかったことがいくつか。

ひとつは、先月襲名披露された坂東彦三郎さんが「演劇界」今月号の表紙に!
「わーい、やったぁ!亀ちゃん!!」と思って「あ…彦さん…」と心の中で言い直しました(笑)。
猿之助さんのことはもうさすがに「亀ちゃん(前名は亀治郎さん)」とは呼ばなくなったけど、彦三郎さんは4月まで亀三郎さんだったからなぁ~。
ちなみに、今の「亀ちゃん」はカワイイ4歳の坊やです。通称「倅マン」(笑)。

もうひとつは、中車さんが舞踊会で「藤娘」を踊られること!
歌舞伎や日本舞踊を見たことがない人でも知っているほどの古典的名作、しかも女形です!
歌舞伎界に入って5年、舞台など私たちの目に触れる部分はもちろん、それ以外にもどれだけ努力を積まれてきたことかと、思わず感動してしまいました。

そして、獅童さんが退院されました!
ゆっくりと体力の回復に努められて、元気で時にハチャメチャな(笑)舞台をまた見せて下さいね。